共学に通う「トランスジェンダー学生」の現実

日本初のトランスウーマン教員が解き明かす

大学という場で、トランスジェンダーが顕在化してくるのは、今世紀、2000年代になってからのことだ。

筆者は、2000年度に中央大学文学部の兼任講師に任用され、「現代社会研究5」という社会学系の科目を担当した。同年度に琉球大学の非常勤講師になった蔦森樹(つたもりたつる)さんとともに、日本最初のトランスジェンダー大学教員だった。

最初の講義の日、週刊誌が3誌も取材に来て、写真週刊誌『FLASH』は見開きページで報じた。それが世に出ると、今度はテレビ局の取材依頼が続いた。バラエティ系は全部お断りして報道系に限定したが、それでも14回の講義のうち5回、教室にテレビカメラが入るという状況だった。それと同時に大量の抗議電話・メールが大学に殺到した……らしい(広報課が、私の目に触れないようにディフェンスしてくれたので見ていない)。

今では考えられないほどの大騒動になってしまった。わずか18年前のことだが、当時はトランスジェンダーが大学の教壇に立つということは、それだけ社会的な衝撃だった。

「六大学」でトランス学生について講演

初回の講義のとき、教壇から約180名の受講生を見渡すと、かなり性別表現が微妙な学生が1人、目に留まった。やはり同類はわかる。「なんだ、学生にもいるんじゃないか」。急に気持ちが楽になったのを覚えている。

その後、中央大学の社会科学研究所の客員研究員をしているとき、「学生相談室の職員研修会で話をしてほしい」という依頼があった。

そして2002年8月、中央大学で行われた「六大学学生相談室連絡会議」夏季研修会で「性別違和感を抱える学生をどう受け入れるか──トランスジェンダーと大学教育」と題する講演を行った。ちなみに、この「六大学」は野球の東京六大学から、東京大学を除いて中央大学を加えた私立大学の集合体だ。

これが、大学におけるトランスジェンダー学生についての、たぶん日本初の講演だったと思う。

そのきっかけは、ある大学で女性から男性になりたい学生が顕在化したことだった。それに対して、今では考えられないことだが、教授会で「けしからん! そんな学生は退学だ」という意見が出て、学生相談室の職員が「いくらなんでも、それはあんまりだ」と思い、筆者に話をしてほしいということになったらしい。

講演でトランスジェンダーの比率を説明し(当時は1万人に1人と言っていた)、「どの大学にも必ずいます」と話したにもかかわらず、いくつかの大学の学生相談員は「ウチの大学にはいないと思います」と平然と言ってきて、筆者に「見ようとしないから見えないのです!」ときつい口調でたしなめられる有様だった。それが2000年代初めの大学の一般的な認識だった。

次ページ有名私大で常勤のトランス教員が誕生
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT