「大物女優」をねじ伏せたLGB「T」の理想と現実

日本も他人事ではないハリウッドの降板騒動

スカーレット・ヨハンソンのキャスティングに抗議したジェイミー・クライトン(写真:Greg Doherty/Getty Images)  
映画産業の中心地アメリカ・ハリウッドで活躍する女優スカーレット・ヨハンソンが、生まれたときに割り当てられた性別から移行する「トランスジェンダー」の男性役を降板する騒動があった。ライターの鈴木みのりさんが、自らの経験を交えて2回にわたって考察する。前編は「トランスジェンダーが躍動するハリウッド」。

今回の騒動を巡る主な批判としては、トランスが俳優として雇用される機会が奪われるという点がある。

映画を製作する側には、知名度が高く観客動員数が見込める(=経済性が高い)俳優を起用したいという思惑もあるだろう。実際、ヨハンソンはハリウッドを代表する人気俳優の1人として知られ、「史上最も興行収益をあげた女優」と称されたこともある。

生まれた時に割り当てられた性別から移行をしない「シスジェンダー」の俳優が、トランスの役に対して魅力を感じる理由はわからなくもない。役者の仕事には、自分より遠いものを演じるおもしろさがあるからだ。

トランス俳優がヨハンソンを批判

これまでもハリウッドはじめ欧米の映画界では、数々の人気俳優がシスでありながらトランスを演じてきた。

抗議を受けて主演映画を降板したスカーレット・ヨハンソン(写真:Mario Anzuoni/REUTERS)

代表的な例としては、『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)のヒラリー・スワンク、『トランスアメリカ』(2005年)のフェリシティ・ハフマン、『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013年)のジャレッド・レト、『リリーのすべて』(2015年)のエディ・レッドメインが挙げられる。

スワンクはトランス男性役、ほか3人はトランス女性役を演じ、それぞれ高い評価を受けてアカデミー賞をノミネートまたは受賞している。

これらの作品でもシス俳優がトランス役を演じることに対し、トランスのコミュニティから批判はあった。そして今回も抗議の声が上がった。

ヨハンソンがルパート・サンダース監督の『Rub & Tug』(原題)でトランス男性を演じると報じられた際、トランス女性で俳優として活躍するトレイス・リセットやジェイミー・クライトンがツイッターで辛辣に批判した。

次ページ宇多田ヒカルも反応
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT