「大物女優」をねじ伏せたLGB「T」の理想と現実

日本も他人事ではないハリウッドの降板騒動

スカーレット・ヨハンソンのキャスティングに抗議したジェイミー・クライトン(写真:Greg Doherty/Getty Images)  
映画産業の中心地アメリカ・ハリウッドで活躍する女優スカーレット・ヨハンソンが、生まれたときに割り当てられた性別から移行する「トランスジェンダー」の男性役を降板する騒動があった。ライターの鈴木みのりさんが、自らの経験を交えて2回にわたって考察する。前編は「トランスジェンダーが躍動するハリウッド」。

今回の騒動を巡る主な批判としては、トランスが俳優として雇用される機会が奪われるという点がある。

映画を製作する側には、知名度が高く観客動員数が見込める(=経済性が高い)俳優を起用したいという思惑もあるだろう。実際、ヨハンソンはハリウッドを代表する人気俳優の1人として知られ、「史上最も興行収益をあげた女優」と称されたこともある。

生まれた時に割り当てられた性別から移行をしない「シスジェンダー」の俳優が、トランスの役に対して魅力を感じる理由はわからなくもない。役者の仕事には、自分より遠いものを演じるおもしろさがあるからだ。

トランス俳優がヨハンソンを批判

これまでもハリウッドはじめ欧米の映画界では、数々の人気俳優がシスでありながらトランスを演じてきた。

抗議を受けて主演映画を降板したスカーレット・ヨハンソン(写真:Mario Anzuoni/REUTERS)

代表的な例としては、『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)のヒラリー・スワンク、『トランスアメリカ』(2005年)のフェリシティ・ハフマン、『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013年)のジャレッド・レト、『リリーのすべて』(2015年)のエディ・レッドメインが挙げられる。

スワンクはトランス男性役、ほか3人はトランス女性役を演じ、それぞれ高い評価を受けてアカデミー賞をノミネートまたは受賞している。

これらの作品でもシス俳優がトランス役を演じることに対し、トランスのコミュニティから批判はあった。そして今回も抗議の声が上がった。

ヨハンソンがルパート・サンダース監督の『Rub & Tug』(原題)でトランス男性を演じると報じられた際、トランス女性で俳優として活躍するトレイス・リセットやジェイミー・クライトンがツイッターで辛辣に批判した。

次ページ宇多田ヒカルも反応
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT