夫婦が普段言えない「本音」を語り合う瞬間

家族会議に第三者をあえて入れてみた

家族の問題は、その家族だけが導き出せるベストな答えがある。他者にはわからない、それぞれの事情や気持ちがあるからだ。ただ、美紀子さんは第三者に入ってもらうことの利点について、こうも語ってくれた。

「私たち夫婦はお互いカウンセラーですし、『何か問題があればその都度話し合う』ということに関しては、かなり話せる土壌があると思います。でも、やはり、当人たち同士だけで一面的に物事を見て話していると、場当たり的になったり、言い合いになることもある。間に人に入って聞いてもらうことで冷静になって、根本的な家族の方針や、いちばん困っていることがわかると気がつきました」

話しても大丈夫、と思える場所をつくる

今回、まだ幼い陸くんが、素直に気持ちを話してくれることに驚いた人もいるかもしれない。実は、今回取材をする半年前にも、一度私は安東家を訪れていた。当時、まだ2歳半だった陸くんが、どんなふうに家族の話し合いに参加できるか、お試しの会議を開いたのだ。その時は、ただ陸くんとあれこれ話をしただけだったが、驚くほど自分のことを話してくれた。

「ハハが怒るといちばんかなしいからね。いやなの」

「チチがおしごとに行ってほしくないの。いっしょにいきたいよ」

「ほんとうは、おともだちに、おもちゃをかしたくないよ。だってりくくんのだもの」

初対面の私に、あれこれと思いを伝えてくれた、当時2歳半の陸くん(写真:安東秀海さん)

この時のことを振り返って美紀子さんはすごく驚いた、という。

「陸の気持ちは聞くようにしていたけれど、どこかで親の希望を酌んで、ダメなことは言わないようにしていたんだなって思ったんです。でもあのとき、いろいろ聞いてもらって、『ちゃんと思うことを言ってもいいんだ』と思ったみたいで。以来、感情を言葉で少しずつ出せるようになりました。今では『おともだちをキックしたかった』なんてドキッとするようなことでも話してくれます(笑)」

第三者が話し合いに入ることで、「この場ではもしかしたら、なんでも言っていいのかもしれない」と思えた。このことが陸くんの感情を大きく変えたように思う、と美紀子さんは言う。

家族会議は家族でやるからこそおもしろい。家族だからこそ、自然に本音が話せたらいちばんいい。でも同時に、家族で話すのは難しい、とも思う。どうしても近いもの同士、感情がぶつかるし、とことん冷静になるのは難しいからだ。

でもそんなとき、誰かがクッションになって意見や気持ちをただ聞き出していけば、意外なほどに穏やかに、みんなが自分の本当の気持ちを話し出すことがある。大人も、子どもも。今、ここなら気持ちを話しても大丈夫、という場所をつくるのに、何歳からでも早すぎることはない、と安東家を見ていて改めて学ばせてもらった。

本連載「家族会議のすすめ」では、実際に家族会議を行っている方からの情報・質問・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらにフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT