服選びで1万人超を変えた女の屈託ない輝き

「自分も他人も」私は装いの力を信じる

カジュアル寄りの2段階内なら、ジャケットはなし。フォーマル寄りの3段階なら、ジャケットを着る。「ジャケットは、社会とつながるツール」とは、みなみの名言だ。

「いい額縁」さえあれば、「顔は3分、服は30秒」

すでに決まっているコーディネートがあれば、悩まない(写真:みなみさん提供)

ファッションをそんなにシンプルに考えられるものなのだろうかと懐疑的に思う人は、一度自分の仕事上の装いを思い返して、ジャケットの要不要だけで類型化してみるといいだろう。不思議なくらいに「本当だ、ビジネスシーンではそれで十分なんだ」というすがすがしい発見がある。自分を知り、セオリーがあれば、もう悩まない。

「洋服が好きな人にとって自分らしい服装探しは楽しいんですけれど、多くの働く女性は決まった形があるほうが時短にもなって楽。良質の羽織ものとボトムスという、その人の体型や雰囲気に合ったいい額縁があれば、柄物やアクセサリーで自分を表現しながら、中の絵を季節ごとに変えていけばいいんです」

ファッション誌にある、シンプルな無地の黒やおとなしい色にノーアクセサリーというようなコーディネートには、かえって心して臨まなければいけない。「あれはプロのヘアメイク技術が作り込んだナチュラルであって、普通の大人の女性が手を出したら……火傷します。肌の調子がいいぞとか、目が濁ってないとか、コンディションがいい時じゃないと」と笑わせる。

次ページある程度は服に助けてもらったほうがいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。