アラフォー女子3人がチーム起業で得た自由

漠然とした不安を抱く女たちの働き方を導く

雑誌記者としてのキャリアを経て、2013年にキャリアエージェントWarisを米倉史夏、河京子と共同創業した田中美和氏(筆者撮影)
ジャンルが何であれ、見た者が沈黙せざるをえないほど非凡な輝きを放つ女たちがいる。「キラキラ才色兼備女子」や「スーパー両立母」のような、化粧をした女性観はもういらない。水面下で必死に水掻きを続ける努力や、周囲が感嘆しあきれる集中力。一見華麗な女たちのバックストーリーを、河崎環が描き出す連載の第2回。

働き女子3万人のモヤモヤ感に共鳴

「雑誌記者時代は、家に帰れず編集部の机に突っ伏して寝るのはザラ。『日経トレンディ』編集部にいた頃は白物家電担当で、住んでいたワンルームにも洗濯機の試験機が所狭しと並んだ中に体をねじ込んで寝たり、撮影中に掃除機を握りしめたまま気を失って、カメラマンさんに起こされたり」

この連載一覧はこちら

ふくふくとしたフグ天を頬張りながら、かつて身を置いたマスコミ業界の苦労話を朗らかに語る田中美和。彼女にはそんな話をするときにも悲痛さがまったくにじまない、不思議な魅力があるのだった。潔く切ったベリーショート、おっとりとした雰囲気からは、まるで向日葵(ひまわり)のような陽性のオーラだけが立ちのぼる。他人を緊張させない特技を持つこの女(ひと)は、『日経ウーマン』編集者時代、取材・調査を通じて延べ3万人以上もの働く女性の声に接してきた。

田中美和、1978年生まれ。雑誌記者としてのキャリアを経て、2013年にキャリアエージェントWarisを米倉史夏、河京子と共同創業した。女性の高学歴化と「社会進出」の結果、いま世の中には高度な技術や知識を擁しながら自由で柔軟な働き方を望む女性たちがたくさんいる。そういったプロフェッショナル女性側からの視点を大切にするWarisは、フリーランスをはじめとする、女性の自由な働き方を応援するベンチャー企業だ。

育児や介護、海外転勤などをきっかけにやむなく離職してしまったものの、もう一度キャリアを再構築したいと願う女性の復職支援や、専門職フリーランス女性と企業とのマッチングを手掛け、キャリアコンサルティング分野で異彩を放つ。

次ページ「漠然とした不安」を聞いてきた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。