49歳キャスター小西美穂の華麗で泥臭い半生

「news every.」アンカーはここまで徹底する

テレビ局社会部・政治部記者からキャスターへ。小西にはニュースのリズムがたたき込まれている(撮影:稲垣純也)
ジャンルが何であれ、見た者が沈黙せざるをえないほど非凡な輝きを放つ女たちがいる。「キラキラ女子」や「スーパー両立母」のような、化粧をした女性観はもういらない。水面下で必死に水掻きを続ける努力や、周囲が感嘆しあきれる集中力。一見華麗な女たちのバックストーリーを、河崎環が描き出す連載の第4回。

記者出身ながら、大抜擢でニュースキャスターへと転身した異色のキャリアの持ち主。日本テレビ報道局政治部解説委員・小西美穂49歳、マスコミのど真ん中を歩いてきた。テレビに出るときの華奢なハイヒールなんかじゃなく、グリップの効いた登山靴で良路(オンロード)も悪路(オフロード)も踏みしめながら。(敬称略)

ニュースのリズムを持つ女(ひと)

日本テレビが平日午後に放送するニュース番組『news every.』の放送30分前。汐留の日テレタワー5階報道フロアの一角にあるデスクで、16時台を担当するキャスター小西美穂は女性スタッフ数人と、小西が担当するニュース解説コーナー『ナゼナニっ?』のニュース原稿を練り上げていた。高い天井からは頭上に無数のモニターが配され、スタッフのデスクがずらりと並ぶ広いフロアには、緊張感がまだらに存在する。集中力が高まりピリッとした空気の流れる一角が「放送直前のチーム」だ。

この連載一覧はこちら

電話やメールを駆使し、リアルタイムで社内の記者に事実確認をしながら、進行表やニュース原稿と頭を付き合わせ、1秒を惜しんでギリギリまで文言を調整する。その日は角界が揉めていた。ニュースで取り上げるにも、一般の感覚では理解しにくい部分をどうかみ砕いて視聴者へ解説するか。

「小西さーん、さっきのところ、ニュアンス変えたほうがいいって!」

「えっホンマ? そしたらここ切って、そっちとくっつけようか。ほんで、ここんとこであたしがコメント。大丈夫? 気にならない?」

「うーん、ここ大事ですよね……」

「じゃ、後半に持っていこうか。間ぁ取ってくれる? 尺次第やね、これ」

ファクト(事実)が飛ぶ。言葉が返る。事実関係を確認し、解釈を検討し、論理の運びを詰め、丹念にニュース原稿が編まれていく。明瞭な関西弁でチャキチャキと刻むように話をする、ニュースのリズム感を持つ小西でさえ、口も頭もトップスピードのフル回転だ。

次ページ「1日でこの時間がいちばん元気なんですよ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。