49歳キャスター小西美穂の華麗で泥臭い半生

「news every.」アンカーはここまで徹底する

小西は大きな文字で打ち出されたニュース原稿を声にして確認し、ザッザッと赤や緑のマーカーで手を入れていく。目の前で切られ、のり付けされ、反物のように長く伸びて行く修正原稿を確認する真剣な横顔は、テレビで見慣れたとおりのシャープさ。放送用にメイクアップし、今日もこれからカメラの前に立つ直前の彼女の横顔は思ったとおりにくっきりと美しく、だが大きな動作で原稿にマルやバツを書き入れていくその背中は思ったよりずっと華奢なことに、微かな驚きがある。

視聴者へ日々ニュースを届ける人気実力派キャスターはちらりと時計を見上げ、「はい、じゃあやろう」と席を立った。

「◯◯さん、お子さん、熱が下がったばかりでしょ。私のコーナー見終えたら、遠慮なく退社してね」。実は『news every.』はデスクやディレクターにワーキングマザーが多く登用され、民放ニュース番組の中でも高い人気と視聴率を誇る同番組を支えている。1秒を争うニュースの現場で、時折笑いも交えながら番組制作に知力体力を注ぎ込む女性たちのデスクの足元には、脱いだハイヒールとカジュアルなキャンバス地のリュックがいくつも転がっていた。

筆者のほうに向き直った小西は「ついてきてください!」と言い、放送用衣装のハイヒール姿にもかかわらずスタジオへ向かって走り出した。手にした書類トレーには、ペンや進行表と一緒に紙コップ2杯のお湯とトローチ。「しゃべる仕事でしょ、放送中にのどがいがらっぽくなると困りますから、いつもこれ持っていくんです」。そして軽く息を弾ませ、照明がまばゆくセットを照らすスタジオへ歩み入りながら、こう続けた。「私ね、1日でこの時間がいちばん元気なんですよ。キャストはみんなそう、放送時間にピークを持ってくるんです」。

左から日本テレビ報道局政治部解説委員・小西美穂、日本テレビアナウンサー・藤井貴彦、同・中島芽生。放送直前まで集中力を高めて臨む(筆者撮影)

放送直前まで、キャスター席で辞書を出して日本語をチェックする。生放送中に画面の順序が飛ぶアクシデントがあっても咄嗟の機転を利かせる。「このコメント、9秒でお願いします」と見せられたカンペの文章を、次にカメラが帰ってくるまでカウントダウンする誰かの声が響く中、瞬時に改変し9秒内に美しく収める。集中力とアドレナリンの芸術(アート)。生放送のニュース番組に携わる彼らはある意味、報道アスリートなのだ。

キャリアは「アクシデント続き」だった

担当時間帯の放送が終了すると、小西はスタジオをぐるりと見回しスタッフ全員の名前を担当別に読み上げては「またよろしくお願いします」と一言添えて礼を言った。「『news every.』の慣習なんですよ。私が去年番組に来たときには、すでにこうでした」。

小西のキャリアは平坦でも平穏でもなかった(筆者撮影)

小西のキャリアは、本人曰く「アクシデント続き」だ。記者出身ながら、大抜擢でキャスターへと転身した異色のキャリアの持ち主。新卒入社した読売テレビ社会部時代はトイレで仮眠を取るような夜討ち朝駆けのサツ回り、ロンドン特派員時代には長男が生まれたばかりのベッカムに病院前でマイクを差し出して長男ロメオの名前を聞き出し、選ばれた数少ない報道陣として乗ったブレア英首相(当時)専用機の中からイラク戦争開戦決定の瞬間を報じ、イラク戦争が終わって間もない中をジープで走り抜けた。

次ページ出向した日本テレビ報道局政治部では
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?