アラフォー女子3人がチーム起業で得た自由

漠然とした不安を抱く女たちの働き方を導く

「女性のキャリア支援がやりたいんです」と言い続けていたら、とある女性社長が「きっと話が合うと思う」と、国際協力銀行、ボストンコンサルティンググループ、リクルートを経て起業の志を温めていた米倉史夏につないでくれた。別の女性もまた、「私のルームメートがいいアイデアを持っている」と、リクルートキャリアのエース営業だった河京子を紹介してくれた。

「定性的な言い方ですけれど、3人でしゃべっているのが不思議なくらいしっくりきたんです。学生に戻ったようで、とにかく楽しくて」。未来合宿と称して箱根の温泉へ行き、3人で未来予想図を書き出していたら笑いが止まらなかった。3人で描いた未来が楽しくて仕方なかった。

「この3人なら」との確信がそれぞれに芽生え、全員が同額出資するという「チーム創業」の形をとった。弁護士、税理士、経営コンサルタントには軒並み「経営判断が拮抗したときにどうするのか。安定した経営ができなくなる」と止められた。でも3人の誰かがリーダーになって、1人だけ特別な役割を担うのは違うという感触は確かだった、と田中は述懐する。結果、3人全員が「Waris共同創業者」を名乗り、米倉が経営管理、田中が広報・マーケティング、河が営業を統括し、現在に至る。

米倉も言う。「チーム創業なんて珍しいとあちこちで言われますが、相性としか言いようがないんです。お互いのコミュニケーションのスピードやクオリティには、それまでのバックグラウンドや就職した1社目のカルチャーが大きく影響するものですが、そこに違和感がなかった」。

メールへの返事が半日以内なのか24時間なのか1週間なのか、ある課題をどれくらいの工数で仕上げるか、そこに小さなズレがあるとやがて大きく積もってしまう。だが起業に際して箔を付けるため、田中いわく「まるでミスコン荒らしのように」ビジネスコンテストを受けては数々の受賞歴を重ねていった3人は、その準備過程を通して「やりやすい」「仕事しやすい」との実感を深めていった。創業以来5年、折々に「この3人だからうまくいくんだな」とお互いが感じるチームワークというのも、希有なものだ。

「事業内容での意思の一致ももちろんですが、それ以上に3人共通の起業目的がIPOなどでなく『自分が自分らしくあること』であったことも大きいと思います」(米倉)

起業目的が「自分らしくあること」。女性的な不思議な起業、と称されることもあるが、本人たちには何一つ不思議ではないのかもしれない。本の出版やテレビ局の取材など、あの未来合宿の夜に3人で書き出した夢はこれまでほぼすべて叶っている。

理念にフリーランス事情がついてきた

田中が担当役員として参加するマーケティング会議で、社員たちからは「今年3~4月で市況感が変わった」との発言が出た。Warisへの検索流入に異変があり、認知度が上昇している手応えがある。メディアでフリーランスや副業(パラレルキャリア)という言葉を見ない日がない。雑誌で副業特集が組まれる。この就職売り手市場にあってなお、新卒フリーランスという働きかたに注目が集まる。フリーランスや副業をめぐる興味関心が高まり、大きな波が来ている。

次ページ社員を拘束することに価値を置かない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。