アラフォー女子3人がチーム起業で得た自由

漠然とした不安を抱く女たちの働き方を導く

みんなの貴重な時間を一斉に押さえることになる会議は、1時間で効率的に終わらせる(筆者撮影)

Warisは現在約20人の所帯となっているが、実はボードメンバーから従業員まで、全員が自由な働きかたを自ら体現している。男女含め社員の9割が子どものケア責任を持つため、リモートワークが基本。フレックスタイム制を導入するが、コアタイムは朝10時から正午までの2時間のみ、しかも場所は問わない。朝5時から夜10時までをフレキシブルタイムと設定し就労を認めているため、いつでもどこでも都合のいい時間に働く。社員を拘束することに価値を置かないので、各部の定例ミーティングや全社会議さえも数名はリモートで参加し、みんなの貴重な時間を一斉に押さえることになる会議は、1時間で効率的に終わらせる。

ベンチャーらしい用語が飛び交う会議だが、物理的に出席している社員全員の足元もスニーカーにチノパンなど、カジュアルだ。個々人がそれまでの動きをその日その場でかっちりと報告すべく準備して臨んでおり、熱量を感じる現場。いわゆる会議のための会議などでは、まったくない。

個々人の自律性や生産性、効率性が高い。だからこそ「コミュニケーションを活発にするために、ひるがえって遊びの部分は大事にしています」。無作為にグルーピングした3〜4人でランチに送り出すランダムランチ、仕事上かかわりのない2人にテーマを設定して会話してもらうバディランチ、合宿やバーベキューなど、会社が費用を負担して人を混ぜ、リアルのコミュニケーションやチームビルディングを試行錯誤している。

一人ひとりが思い描くキャリアビジョンに沿って必要な経験を選択し、より積極的に自らのキャリアをデザインする。同時に、自由度が高く、柔軟なワークスタイルを実現し、誰もがやりがいを持って働き続ける。こういう働き方もあるのだと社会に見せていく。

復職という現代的な課題の解決策

田中は今年3月に第1子を出産、産育休を経て、この6月1日付で復帰したばかり。

6月8日、理事を務める一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 年次報告会にて、「フリーランス白書2018」の報告をする田中さん(写真:田中さん提供)
次ページ自らの産育休で感じた「閉ざされた心理」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。