服選びで1万人超を変えた女の屈託ない輝き

「自分も他人も」私は装いの力を信じる

ちなみにこちらの女性、とてもそうは見えないが50代にして新婚2年目。夫婦ともにメディアに出る職業のため、みなみが夫婦のスタイリングを手がけている。「夫が、ピンクを着て欲しいって言うのよ」との妻の口ぶりには、不満どころかふんわりとした幸福感だけがにじんでいた。

女性にとって「ジャケットは、社会とつながるツール」

「本当は、めっちゃ気が利かないんです」と、この道で接客業を20年以上も続けてきたみなみは言う。「飲み会で偉い人の隣に座ってもグラスが空になったことに気がつかないですし、すぐにお礼状が書けません。そういうビジネスの場の常識なんていうのは不得意。むしろ気が利かないほうなので、必死に倍くらい意識してやっと人並みです」。

5年間通った会社なのに電車を間違え、気づくと別の場所にいたこともある。興味のないことは、まったく視界に入らない。だが、人の装いだけには無意識レベルで相手に向かってアンテナを張れるという自負がある。コンプレックスや生きづらさを感じることもあるけれど、装いという角度から顧客が半歩先に望む未来を実現する手伝いなら、できる。自分が役に立てるところがここしかないのだから、これを大事にしようと決めた。「ここに1点集中、ここだけなんです」とみなみは繰り返した。

仕事でジャケットを着るか否か。働く女性の悩みを解決してくれるフォーカジランク(イラスト:みなみさん提供)

そんなみなみが働く女性のために提唱する装いのルールとは、とてもシンプルであるがゆえに共感を得る。水平方向には「4つの性格タイプ」、そして垂直方向に「フォーカジランク」。性格によって似合うファッションのテイストをフェミニン・キュート・シャープ・ナチュラルと4分類し、そのテイストの中でカジュアルからフォーマルまでの5段階の格付けをして、今日必要な装いはそのランクのどこに位置するかを考える。

次ページ顔は3分、服は30秒
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。