銀座が「カフェの聖地」として別格である理由

「名店」も「女給」人気も、ここから始まった

現在の銀座4丁目交差点(写真:YMZK-photo/iStock)

2018年は「日本のカフェ」にとって130年の節目になる。資料で存在が確認できる国内最古の喫茶店「可否茶館」(かひさかん)が、1888年に現在の東京・上野で開業したからだ。

この店は4年で幕を閉じたが、その後、日本でカフェ(当時はカフェー)が本格的に発展したのは、1911(明治44)年に「銀座」に相次いで開業した3つの店、「カフェー・プランタン」「カフェー・ライオン」「カフェーパウリスタ」によってだ。「プランタン」は日本初の会員制カフェ、「ライオン」は女給(現在のウエイトレス)の接客、「パウリスタ」はブラジルコーヒーを広めた店としても知られる。

銀座には、今に至るヒトやモノの逸話が数多く眠る。8月の夏休みモードで、国内外の観光客も多い「銀座4丁目の交差点」から、その一端を紹介したい。

「獅子と虎の対決」があった

和光(服部時計店)や三越銀座店がある銀座4丁目交差点は、かつて尾張町交差点と呼ばれた。銀座を埋め立てた藩のひとつ、尾張藩から取ったという。

現在、銀座7丁目にある「銀座ライオン」の前身が「カフェー・ライオン」だ(筆者撮影)

この交差点の「筋向い」にあったのが、前述の「カフェー・ライオン」と「カフェー・タイガー」(大正13年開業)だ。

ともに若い女給が、和服にエプロン姿で接客して、男性客に人気だった。当時のメディアからは店名をとって、「獅子と虎の対決」とも言われた。ライオンの女給は、白いエプロンの紐を前で結び、鉛筆をぶら下げた当時の正統派スタイル。

一方のタイガーは、さまざまなタイプの女給を取りそろえて、男性客にアピールした。その様子を記した次の本もある。

「ところが震災後、ライオンの筋向こうに出現したライヴァルは、虎だけあって万事が猛烈で女給も芸者風、女学生風、奥方風といろいろ取り揃えて客の好みに応じる。女給を赤組・紫組・青組の三グループに分けて、ひとつの組が階下で客を迎え入れると、他の二組は二階で客の接待にあたるという分業システム。これを順に廻してビールの売上高を競争させるから、組同士で客の奪い合いになり、しぜん組同士が張り合って色っぽいサービスを競い合うというわけで、岸田劉生はつぎのように書いている(以下、略)」
・資料出所:「江戸たべもの歳時記」(浜田義一郎著。中公文庫1977年刊)

著者の浜田義一郎氏(1907~86年)は国文学者で、東洋大学教授や大妻女子大学教授を務めた。川柳や狂歌研究家として知られた人だ。

次ページ「好きな女給」を勝たせるため、菊池寛も大金を投じた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT