銀座が「カフェの聖地」として別格である理由

「名店」も「女給」人気も、ここから始まった

文中で引用した、岸田劉生(「麗子像」で有名な洋画家)がどう書いたかを簡単に紹介すると、「(タイガーには)文士・画家・役者・能役者など、さまざまな芸術家が頻繁に出入りし、某先生は大枚五両のチップをはずむと聞いたが、いかがなものか」と記した。

浜田氏は「この某先生とは前年の秋から足しげく通って、たびたび新聞だねになった永井荷風らしい」と記し、荷風の日記『断腸亭日乗』で裏取りもした。なお五両とは、劉生特有の言い回しで、当時の5円のようだ。

女給に執心したのは荷風だけでなく、菊池寛(作家で文藝春秋創業者)もそうだった。

「赤組のお君という女給をひいきにして、昭和4年の人気投票の時に150票を投じて、見事タイガーの人気ナンバーワンにした」(浜田氏の同著)。

投票権はビール1瓶で60銭だったので、菊池は90円を投じたことになる。ここからは筆者の計算だが、昭和4年の90円を、当時の外食代の相場を参考に1500倍で換算すると、現在の金額で「13万5000円」になる。女給を「赤」「紫」「青」組に分けて売り上げを競わせた発想は、現在のAKB48などのプロモーション活動に通じるのが興味深い。

復活して48年になる「パウリスタ」

1911年に開業した3店のうち、最も正統派の道を歩んだのが「カフェーパウリスタ」だ。1686年に創業した、フランスのパリ最古の店「ル・クロコップ」を見習い、当時は男性給仕(ボーイと呼ばれて詰め襟姿)のみの接客を貫いた。

銀座8丁目に移った現在の「カフェーパウリスタ」(筆者撮影)

コーヒー1杯5銭、ドーナッツも5銭と安く、最盛期は1日でコーヒー3000杯も(4000杯とも)出たが、これには理由がある。コーヒー豆を無料で仕入れることができたのだ。

この店は、ブラジル移民の歴史と密接に関わっている。創業者は水野龍。1908年に最初のブラジル移民を運ぶために出航した「笠戸丸」の渡航を手がけ、同船に乗ってブラジルに渡った人物だ。移民送り出しの功績により、水野はブラジル政府からコーヒー豆を「毎年1000俵・10年間無償」(毎年70トン・12年とも)で提供されることとなり、大隈重信らの支援を受けて店を開業した。

ちなみに、NHKの連続テレビ小説「花子とアン」に登場したカフェのモデル店だ。

次ページ大人気の店だったが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT