銀座が「カフェの聖地」として別格である理由 「名店」も「女給」人気も、ここから始まった

印刷
A
A

もちろん、これ以外にも銀座には多くの名店がある。今回は「ヒト」を中心に紹介したので、「なぜあの店が入っていないのか」と思う人がいるかもしれない。

日本のカフェ業界は、特定の人物が牽引したのではなく、各時代や日本各地の店主の創意工夫によって発展した一面もある。最後に、そうした奇縁をお知らせしよう。

銀座ではないが、日本橋(三越前)に本店があるのが「ミカド珈琲」だ。創業者は金坂景助氏(1910年生まれ。故人)で、同店名物「モカソフト」や「コーヒーゼリー」の生みの親でもある。少年時代から銀座の食品輸入業「亀屋鶴五郎商店」に勤務しており、戦後まもなく独立開業した。同氏が昭和30年頃に始めたスタンドコーヒー(立ち飲みコーヒー)が、セルフカフェの元祖といえる。

実は、前述のパウリスタが、ブラジル政府からコーヒー豆の無償提供を受けた時代、自社だけではさばききれず、その半数の豆の販売を引き受けたのが「亀屋」だった。

「今回は、すげえ男が一緒だった」

さらに時代を経た1971年、コーヒー業界の欧州視察で鳥羽氏と一緒だったのが、この金坂氏である。帰国した金坂氏は、娘の鳴島佳津子氏(現・社長)らにこう語ったという。

「いや~、今回はすげえ男が一緒だったよ。とにかくひっきりなしに動き回っていて、ホテルに戻っても、またすぐどこかに行ってしまうんだ」

それが、朝食もとらずに現地視察に駆け回った鳥羽氏のことだった。行動的でアイデア豊富な経営者だった金坂氏(当時60歳)は、親子ほど年の離れた鳥羽氏(同34歳)の行動に、かつての自分を重ね合わせたのかもしれない。鳥羽氏が、金坂氏が創ったセルフカフェの進化系「ドトールコーヒーショップ」(1号店は原宿)を開業したのは、この9年後だ。

こう紹介してきたが、いまや銀座が唯一の聖地でもない。渋谷や新宿にも人気店はあり、「ブルーボトル」の1号店は「清澄白河」だった。それでも「スターバックス」1号店(1996年)が、松屋銀座店の裏からスタートしたように、銀座は別格の存在なのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT