あなたの会社は時計にたとえると何時なのか

5時と11時では「見られ方」がだいぶ違う

もちろんすべての企業に当てはまる訳ではありません。1時間、時には数時間先にスキップする企業もあれば、途中で行き詰まったり、膠着したまま(時計も壊れたまま)姿を消したりする企業もあります。

典型的な時間の進み方を把握することで、つまずく場所に気付きやすくなり、コミュニケーションの仕事がやりやすくなりました。

メディアに取り上げられるのは1時ごろ

12時:黎明期

真夜中の時点ですでにメディアの注目を集めているなら、(記事投稿サービスの)「ミディアム」を立ち上げたエヴァン・ウィリアムズのように、おそらくそれ以前に成功しているのではないでしょうか。ただ企業を立ち上げただけでは、人は興味を持たないものです。もし、この時点で何らかの理由で報道されているようなら、先行きはあまり思わしくありません。

あまりないことですが、もし本当に状況が悪ければ、ひと息に時計の針を一周りさせることができます。大抵は、傲慢な姿勢と人気者の力に頼りすぎたことでローンチ時には消費者の気持ちが冷め、さらに過剰な宣伝と資金調達で状況がさらに悪化すると、時計はすぐに一周します。

写真アプリの「カラー」がいい事例ではないでしょうか。同社は2011年3月に4100万ドルの資金を集め、24時間で時代の寵児から批判の対象となり、そして二度と表舞台に戻ってきませんでした。

1時:ニューフェイス

最初にまともにメディアに取り上げられるのは1時頃ではないでしょうか。適切な道を通っていれば、どの企業でも1時にはたどり着けます。すでに製品やサービスを売り出し、数人の著名な投資家から資金を集めているなら、記事の見出しはまずまずのはずです。

強い関心はないにしても、名前くらいは聞いたこと企業になっているはずです。この時点では重要なことです。今では時にいる多くの企業が、「ウーバーっぽい」サービスを提供しています。たとえば、レストラン版ウーバーと言われる「リザーブ」はちょうど1時に針が止まっています。

次ページ夜明け前の会社がいちばんホット
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。