トルコリラで「騙された」という日本人の甘え

売る側も問題だが表面利回りしか見ていない

渋澤:トルコリラの暴落を見るにつけ、なぜ日本人は自国通貨安を歓迎するのか、不思議に思います。メディアも、円が強くなると「円高不況だ」と大騒ぎするくせに、円安になると、「輸出企業を中心にして業績が良くなり、景気が回復する」などと言い始める。それは日本の信用力が高いため、ほどほどの通貨安で収まっているからです。直近で最も円安が進んだのは、1998年の1ドル=147円台でした。この程度の円安なら、通貨安のデメリットよりも、輸出企業の業績改善というメリットのほうが大きくなると思います。

しかし、もし1ドル=300円になったらどうでしょう。輸入される製品、物資の値段は瞬く間に値上がりし、非常に厳しいインフレに襲われます。結果、消費がどんどん落ち込み、不況のどん底に落ちる恐れがあります。個人金融資産のうち、現預金の額は961兆円あるわけですが、為替でその実質的な価値がたった1年でもし半分になってしまったら、480兆円程度まで目減りしたのと同じことなので、これは非常に強いネガティブ・インパクトです。

欧米では新興国に集中投資する投信はありえない

中野:自国通貨安を歓迎したり、表面的な利回りだけを見てリスクの高い商品に手を出したりするのは、ひとえに資産運用に関するリテラシーが低いからです。FXや債券、投資信託でトルコリラのポジションをたくさん持っていたのは、日本人くらいのものですよ。欧米では、ひとつの新興国に集中投資する投資信託なんて、まず売れません。ところが日本では、それこそ高齢者がこの手の金融商品をごっそり買っている。もちろん、金融機関があの手、この手で勧めるから、ということもあるでしょうが、自分の大事なお金を運用するのですから、何も調べず、考えずに投資すること自体が問題です。

渋澤:今回の件は、下手をすればほかの国・地域にも波及する恐れがありますね。

次ページ新興国通貨が暴落するときのパターンは決まっている
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。