トルコリラで損した投資家が学ぶべき「教訓」

カリスマ投資家も「FXデビュー時」92万円の損

日本のFX投資家はトルコリラ暴落でかなりの損失を被ったかもしれない。筆者も昔は「新興国通貨への投資」で大きな損失を出したことがある(写真:Rawpixel / PIXTA)

「夏枯れ相場」が続くと思いきや、突如「トルコリラ暴落」に見舞われた市場。これは何かの前触れなのだろうか。カリスマ投資家の内田衛氏はこの2週間、持ち株をウォッチしつつ、「意外な株」を打診買い。その真意は? またトルコリラ暴落では改めてFX取引の難しさを実感するのだった。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。

JTは「利回り5%弱+優待」でも買いにくい

【7月30日 月曜日】喫煙率が、17.9%(前年から0.3%減)と3年連続で過去最低と報道(JT調査)。最近、サイゼリヤ、ステーキのどん、ココスなどの外食チェーンが全席禁煙を発表してきており、タバコが吸える場所が減ってきている。本日のJT(2914)の株価は、1円安の3148円で、年間配当150円(75円+75円)で配当利回りを計算するとなんと、4.76%にもなる。

この連載の一覧はコチラ

さらに、株主優待が年2回(12月、6月)あり、100株でご飯やカップ麺の加工食品(自社製品)がもらえる。しかし、JTの売り上げのタバコ事業87%(国内29%、海外58%)、加工食品8%、医薬5%となっており、この状況では、買いにくいな。PER(株価収益率)は14.31倍、PBR(株価純資産倍率)は2.15倍。日経平均株価は、167円安の2万2544円。

【7月31日 火曜日】日経225先物は、60円安の2万2460円、NYダウは、144ドル安の2万5306ドル。注目の日銀金融政策決定会合の結果、日銀は金融政策の修正を発表。金融緩和の運用を柔軟(副作用に配慮)にし、長期金利は従来比の倍程度(±0.2%)の変動を容認した。日経平均は、8円高の2万2553円と小反発した。

次ページ内田氏、「意外な株」を打診買いすることに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。