利回り約6%の上場REIT総会で質問してみた

これから当面買ってもいい株は何か?

せっかく総会に出たのだから質問。カリスマ投資家の内田衛氏の強みは自分で確かめるところにもある(写真はイメージ:ABC/PIXTA)

日本株は決算シーズンに入り、全体相場は一進一退。日銀は7月31日の金融政策決定会合では長期金利の変動を事実上容認したが、相場は大きくは動かなかった。この間、カリスマ投資家の内田衛氏は、保有している高利回りの上場REIT(不動産投資信託)の総会に出席したのだった。

7月中旬から下旬にかけての内田氏の奮闘ぶりを、「株日記」で振り返ってみよう。

QBネットHDは「隠れた猛暑関連銘柄」?

【7月17日 火曜日】NYダウは、44ドル高の2万5064ドル。3月のIPO(新規公開)で購入したQBネットホールディングス(6571)が、154円高(7.34%)の2251円と大幅高で、4月11日以来の公開価格の2250円を上回ってきた。同社はヘアカット専門店「QBハウス」を運営する企業。最近、地球温暖化の影響か35度を超える猛暑日が続いているが、暑いと髪の毛を短くしたい人が増えるので、ここも猛暑関連銘柄か? 4月11日に付けた上場来高値2266円を超えられるかどうか注目したい。日経平均株価は、100円高の2万2697円と1カ月ぶり高値。

この連載の一覧はコチラ

【7月18日 水曜日】日経225先物は、110円高の2万2830円、NYダウは、55ドル高の2万5119ドル。岐阜県多治見市で40.6度を記録し、2013年8月13日以来5年ぶりの気温となった。10時57分、QBネットホールディングスは、13円高の2264円の高値(上場来高値まであと2円)を付けたが、終値は、7円安の2244円。日経平均は、96円高の2万2794円と4日続神。1ドル=113円台と円安進む。

【7月19日 木曜日】0時25分、日経225先物オプション8月限2万0500円のプット(売れる権利で、日経平均が下がると値上がりする)を20円で25枚(購入代金は、50万円)買う。日経225先物は、50円高の2万2850円、NYダウは、79ドル高の2万5199ドルと5日続伸し、1カ月ぶりの高値。日経平均は、29円安の2万2764円と5日ぶり反落。

【7月20日 金曜日】日経225先物は、100円安の2万2690円、NYダウは、134ドル安の2万5064ドルと6日ぶり反落。トーセイ・リート投資法人(3451)の第3回投資主総会出席のため、銀座へ行く。

次ページ上場REITの総会は「株主総会」とは言わない!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。