トルコリラで損した投資家が学ぶべき「教訓」

カリスマ投資家も「FXデビュー時」92万円の損

【8月4日 土曜日】日経225先物は、50円高の2万2560円、NYダウは、136ドル高の2万5462ドル。1ドル111.28円(-0.37)、1ユーロ128.72円(-0.63)と共に円高進む。

【8月6日 月曜日】スクロールは、19円高の774円と4日続伸。日経平均は、17円安の2万2507円。

【8月7日 火曜日】日経225先物は、50円高の2万2540円、NYダウは、39ドル高の2万5502ドル。スクロールは、18円高の792円と5日続伸。日経平均は、155円高の2万2662円。155円高のうちの70円分はソフトバンクグループ(9984)の617円高の10050円だそうだ。

ゼンショーの減益は予想できたが、コロワイドは意外

【8月8日 水曜日】日経225先物は、40円高の2万2670円。NYダウは、126ドル高の2万5628ドル。スクロールは、43円高の835円と6日続伸。すき家のゼンショーホールディングス(7550)が158円安の2341円と大幅安。昨日の決算発表によるものだが、吉野家の赤字決算を見ていれば、よくない決算はある程度予想がついたのではないか。食材価格の高騰と人件費の上昇の影響との説明だった。

しかし、サプライズだったのが、コロワイド(7616)の好決算だ。331円高の3075円と大幅高。同じ外食で好決算だった理由は、食材価格の上昇を抑えるため、仕入先との中期的な契約やメニュー面での工夫、セントラルキッチンでの加工製品の内製化、原材料の在庫回転率の向上、物流センターの集約などいろいろと努力しているようだ。日経平均は、18円安の2万2644円。ジャスダック平均株価が、9日ぶり反発。

【8月9日 木曜日】日経225先物は、60円安の2万2570円。NYダウは、45ドル安の2万5583ドル。スクロールは、19円安の816円と7日ぶり反落。9時11分、武蔵野興業(9635)を2500円で100株買う。2017年10月17日に2700円で100株買っており、ナンピン買い。

日経平均は、45円安の2万2598円。

次ページうわっ、トルコリラが急落!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT