カリスマ投資家が「ナンピン買い」する地味株

「高値づかみ」したが安いから少し買い増した

株が下がった後に買い増す「ナンピン」は難しい。カリスマ投資家の内田氏は今回2銘柄で挑戦してみた。はたしてうまくいくだろうか(写真: Fast&Slow / PIXTA)
トルコリラ急落には揺さぶられたものの、日本株は9月に向けて遅まきながらも反発ムードも漂ってきた。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏は8月中下旬の相場をどう乗り切っていたのだろうか。どうやら、結果として高値づかみしていた株の「ナンピン買い」をしつつ、次のチャンスをうかがっているようだ。いつものように「株日記」で見てみよう。

「QBハウス」の株は絶好調!

【8月13日 月曜日】先週末の日経225先物は、100円安の2万2200円。NYダウは196ドル安の2万5313ドルと3日続落。トルコリラ急落を嫌気し、日経平均株価は、440円安の2万1857円と大きく下落。4日続落で、4日間で805円の下げとなった。

この連載の一覧はコチラ

こんな中でも、内需株の日本郵政(6178)は、30円高の1258円、すかいらーく(3197)は、19円高の1583円と逆行高。ヘアカット専門店のキュービーネットホールディングス(6571)は、引け後、2018年6月期決算を発表した。6月期末配当は、18円となり、配当性向は、20.8%となった。また、2019年2月より価格改定(1080円から1200円)、シニア(65歳以上)平日1000円から1100円を発表した。理美容師の採用・育成への積極的な投資や、店舗スタイリストの安定的な待遇改善を目的としたことのようだ。ちょっと安すぎると思っていたので、この値上げには理解されるのではないかと思う。本日の終値は37円安の1993円。

【8月14日 火曜日】日経225先物は、170円高の2万2060円、NYダウは、4日続落で、125ドル安の2万5187ドル。9時、1トルコリラは、15.90円と16円割れ。ちょうどお盆休みや夏休みで海外旅行へ行くなら、今の時期、トルコがいいかも。また、FX(為替証拠金)取引でトルコリラを持っていて、トルコリラで出金できるなら、思い切ってトルコに行って使ってくれば、含み損も少しは減らせるかもしれない。アルゼンチンは、5%の緊急利上げを発表し、政策金利は年45%になった。

居酒屋「塚田農場」などを展開しているエー・ピーカンパニー(3175)を590円で200株ナンピン買い。3月27日に820円で100株買っている。昨日、決算発表と値上げを発表したキュービーネットホールディングスは、215円高(10.78%)の2208円と大幅高で値上り率第4位。日経平均は、498円高の2万2356円と大幅高した。「スルガ銀行員(本店営業部の男性行員)が、顧客3人の定期預金を不正に解約して、1億6500万円を流用で懲戒解雇」と報道。スルガ銀行(8358)の終値は、10円高の811円。

次ページ驚愕!節税のためのiDeCoがすごいことに!
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。