売りで攻めるヘッジファンドは勝てない?

「トルコリラショック」でも株はさほど下げず

株式市場は「五山の送り火」が終わってしばらくすれば底入れするのだろうか(写真:しまじろう/PIXTA)

トルコリラの急落による世界的な株安から一転、8月14日の日経平均株価は2万2356円(前日比プラス498円)と大きく反発した。13日の下げ幅(同マイナス440円)を即日で埋め、今年3番目の上げ幅となった。

一方、日柄(日数)面にも注目しておきたい。2016年以降の日経平均株価を振り返ると、底値をつける「一定の周期」が浮かんでくるからだ。足元の振れ幅の大きさは何を示唆し、底入れ時期はいつなのか。過去の8月の騰落率やテクニカルポイントもあわせて、今後の見通しを探ってみた。

日本株の底入れは「8月下旬」に?

まずは読者の皆様に率直に陳謝したい。前回のコラム「8月相場は上昇するのか、それとも急落するのか」では「三角保ち合いは本格上昇の前触れか?」と指摘したものの、日本株はいったん下振れてしまった(13日、同2万1857円)。しかしながら、足元の動きは三角保ち合いの下限で下げ止まったのち、大きく反発してきた(14日、同2万2356円)。これは三角保ち合いの最終局面を示す「下げの5波目」(トライアングル)が一巡したとの見方もある。チャートパターンが煮詰まるなか、日柄面にも目を移すと、底入れ時期が近づきつつあるように見える。

2016年以降の日経平均株価を振り返ると、安値と安値のボトム周期は下記の通りだ。

日経平均株価のボトム周期
① 2016年06月(1万4952円) 英国EU離脱決定 90日
② 2016年11月(1万6251円) 米大統領選   92日
③ 2017年04月(1万8335円) 仏大統領選   106日
④ 2017年09月(1万9274円) 北朝鮮リスク 100日
⑤ 2018年03月(2万0617円) 米中貿易摩擦  130日
 ※①~⑤の平均は103日
 --------------
⑥ 2018年08月(21857円) トルコリラ急落  97日(※8/13現在)

2016年6月の英国のブレグジット(欧州離脱)騒ぎが起きた日を起点にすると、日経平均株価は90~130日のボトム周期が確認できる。その安値は表の通り。株価を見るとわかるとおり、下値切り上げ型の上昇トレンドを継続。しかも、いずれの下げ局面も地政学リスクを中心とした海外要因だ。

次ページ売り方は「買い決済」をする時期が近づいている
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT