売りで攻めるヘッジファンドは勝てない?

「トルコリラショック」でも株はさほど下げず

14日にはトルコリラ下落も一服し、日経平均は2万2356円と大きく反発した。長期投資家の損益分岐点といわれる52週線(2万2036円:14日時点)も1日で回復した。

ただ、東証1部売買代金は2兆円台と伸び悩み、海外ヘッジファント等とみられる短期筋による買い戻しにとどまったようだ。

海外勢が本格的に見直し買いに転じる可能性

今後の日本株はどうか。日経平均の振れ幅が大きくなりつつあるのは確かだ。もし8月後半に商いが増加するようなら、やはり三角保ち合いの上放れもあるとみたい。9月の自民党総裁選挙では、安倍晋三首相の3選見通しが濃厚だ。今後、追加の景気対策などが打ち出されれば、海外勢が本格的に見直し買いに転じるとみる。

最後に日経平均のテクニカル上の重要価格をあげておく(14日現在)。

2万4124円 2018年1月高値(年初来プラス5.9%)
2万3098円 週足のマド(2018年1~2月の急落)
2万3002円 2018年5月戻り高値
2万2764円 2017年末値
2万2553円 2018年7月末値
2万2356円 2018年8月14日
2万2036円 52週線(長期線)
2万1857円 2018年8月13日(トルコリラ急落)
2万1811円 週足のマド(2018年7月の反発)
2万1801円 半値押し(3月安値2万0617円から5月高値2万3002円の上げ幅に対し)
2万1546円 2018年7月5日終値(直近安値)
2万1425円 8月の下落平均マイナス5%(1949年~2017年)
2万0617円 2018年3月安値(年初来マイナス9.43%)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT