カリスマ投資家が「ナンピン買い」する地味株

「高値づかみ」したが安いから少し買い増した

【8月17日 金曜日】日経225先物は、130円高の2万2290円、NYダウは、396ドル高の2万5558ドル。上海株、2年7カ月ぶり安値。トルコ投信、資産2000億円目減りと報道。日経平均は、78円高の2万2270円。

【8月18日 土曜日】日経225先物は、10円安の2万2250円、NYダウは、110ドル高の2万5669ドルと半年ぶりの高値。アメリカの格付け2社、トルコ国債格下げを発表。

【8月20日 月曜日】宅配の路上駐車、2019年夏解禁、警視庁が都内100カ所超で、と報道。このニュースを好感したのか、9月の配当権利取りの買いかわからないが、日本郵政が、22円高の1295円と反発。日本郵便は、日本郵政の100%子会社。日経平均は、71円安の2万2199円。

【8月21日 火曜日】日経225先物は、前日比変わらずの2万2160円、NYダウは、89ドル高の2万5758ドルと3日続伸で、6カ月半ぶりの高値。引け後、スルガ銀行は、第三者委員会調査で「不適切融資1兆円規模」と報道。スルガ銀行の終値は8円安の770円。日経平均は、20円高の2万2219円。

スルガ銀行は「失われた20年」に懲りなかったのか?

【8月22日 水曜日】日経225先物は、100円高の2万2320円。NYダウは、63ドル高の2万5822ドル。昨日の引け後、7月の月次売上高を31%増の65億円と発表したスクロールは、14時46分、79円高の870円の年初来高値を更新した。終値は、72円高(9.10%、値上がり率9位)の863円。平均買値308円で5100株保有中。

スルガ銀行は、9時19分、95円安の675円で寄付き、9時24分には、150円安ストップ安の620円をつけ、そのまま引けた。日経新聞朝刊によると、スルガ銀行は、融資総額3兆1500億円のうち、審査資料改ざんなどの不適切融資が1兆円ということで、呆れ果ててしまう。

1990年の大発会から始まった平成不動産バブル崩壊で失われた20年で懲りていないのだろうか? スルガ銀行の時価総額は、約1440億円程度で、不適切融資1兆円が丸々返ってこないということではないが、まともな状態になるまでには、かなりの時間がかかりそうだ。日経平均は、142円高の2万2362円。

次ページSBI証券はちゃんとした対応をしていた!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT