トルコリラで「騙された」という日本人の甘え

売る側も問題だが表面利回りしか見ていない

中野:新興国通貨が暴落する時のパターンって、大体決まっていて、外貨建て債務の額が、外貨準備高に比べて高い国の通貨が売られます。たとえば、ドル建てで調達している国の通貨が20%下落すると、自国通貨建ての返済負担が20%増えます。こうして債務返済負担がどんどん重くなり、国の財政状況がますます悪化。それにともない、さらにその国の通貨が売られるという悪循環に陥ります。一度、こうした負のスパイラルに陥った通貨は、なかなか復活しません。インドネシアやフィリピンなどは、トルコの影響を受ける恐れがあるのではないかと見ています。

投資は「勝つか、学ぶか」が大事

藤野:こうした状況を見て思うのは、当たり前といえば当たり前のことなのですが、知らないものに投資してはいけないということです。商品の仕組みを理解していて、どのようなマーケットリスクがあるのかを把握していれば、仮に損失を被ったとしても、対策を講じることができるし、反省もできます。

でも、今回のトルコリラ暴落で大損して慌てている人は、恐らく商品の仕組みを理解せずに購入したのでしょう。初めから商品の仕組みがわかっていて、マーケットリスクも把握できていれば、そもそも大金を投入することはなかったでしょうし、今回のような事態に直面したとしても、「想定内のリスク」ということで、慌てることにはならなかったと思います。

投資は「勝つか、学ぶか」が大事です。勝てれば御の字ですし、たとえ負けたとしても、それによって学ぶことができれば、投資家として成長できます。学ぶためには投資先について「知っていること」が大事。いちばんダメなのは、知らないものに投資して「勝つか負けるか」という状況にしてしまうことです。これではギャンブルと何も変わりません。

企業価値だけでなく、物事の本質を見極める力がある。「草食投資隊」が個人投資家から支持されている理由はここにある(左からセゾン投信の中野晴啓社長、コモンズ投信の渋澤健会長、レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長兼CIO)(撮影:今井康一)

渋澤:現預金のみで資産を持っている人は、何も学べないということですね。今回、トルコリラでやられた人は、せめて今回の失敗から学んでもらいたいと思います。ただ、失敗して学ぶにしても、大金を投じて大損を被ったら、高い勉強代を払うことになります。勉強代は、できるだけ少額で抑えたいところですから、リスクの高いものにチャレンジする時は、少額資金で行うのが良いでしょう。

中野:ちょっと厳しい言い方になるのですが、自分で考えない人は資産運用に向いていません。損をすると、すぐ「アンタらに騙された」とクレームを付ける人がいるのですが、この手の人はいつまで経っても学べません。たとえば「通貨選択型ファンドのトルコリラ・コース」などという商品は、売り方が非常に際どかったのは事実ですが、少なくとも法令上は詐欺ではないのだから、やはり買う側も商品の仕組み、想定されるマーケットリスクを考えて、自分で買うか買わないかを判断することが大事だと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。