「4月生まれ有利」「翌3月生まれ不利」は本当か

親や先生は「生まれ月の格差」に注意が必要だ

もう一つの疑問は、なぜ相対年齢効果の格差は、長期にわたって観察されるのだろうか、というものだ。実はこの点については、まだそれほど多くのことがわかっている状況にはない。

先行研究の中には、人生の初期に相対年齢が高いことによって同級生よりもスポーツや勉強面で有利になり、そのことが自分に対する自尊心や自己効力感を高めるからではないか、とか、教員やスポーツの指導者が相対年齢の高い子どもに対して肯定的な指導や活躍の場を与えることが理由ではないか、と指摘するものはある。が、いずれも実証的な検証は今後に委ねられている。

相対年齢効果の格差解消の「処方せん」

では、相対年齢効果の格差にどう対処すべきなのか。

具体的な対策としては、指導者が相対年齢の高い子どもばかりによい機会を与えないようにする配慮を行うことが考えられる。

特に低年齢の子どもたちに、生まれ月によらず「一律」の扱いをすると、指導者の目線は、相対年齢の高い「よくできる子」に注がれがちで、相対年齢の低い子どもが不利になっている可能性は高い。

この点に配慮して、いくつかの国では、早生まれの子どもたちを対象に補習をしたり、生まれ月によってクラス分けをしたり、スポーツにおいてはゼッケンや背番号を生まれ月にしたりするなどの取り組みを行っている。

こうした取り組みは日本でも参考になるだろう。

参考文献
[1] Dudink, A. (1994). Birth date and sporting success. Nature.
[2] Stipek, D. (2002). At what age should children enter kindergarten?: A question for policy makers and parents. Society for Research in Child Development.
[3] Bedard, K., & Dhuey, E. (2006). The persistence of early childhood maturity: International evidence of long-run age effects. The Quarterly Journal of Economics, 121(4), 1437-1472.
[4] 川口大司, & 森啓明. (2007). 誕生日と学業成績・最終学歴. 日本労働研究雑誌, 569(12), 29-42.
[5] Kawaguchi, D. (2011). Actual age at school entry, educational outcomes, and earnings. Journal of the Japanese and International Economies, 25(2), 64-80.
[6] Crawford, C., Dearden, L., & Greaves, E. (2014). The drivers of month-of birth differences in children's cognitive and non-cognitive skills. Journal of the Royal Statistical Society: Series A (Statistics in Society), 177(4), 829-860.
[7] Black, S. E., Devereux, P. J., & Salvanes, K. G. (2011). Too young to leave the nest? The effects of school starting age. The Review of Economics and Statistics, 93(2), 455-467.
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。