渡辺美里、13年ぶり西武本拠地「凱旋」の熱狂

1日限定で復活した「MISATOトレイン」も運行

8月4日に開催された渡辺美里さんのライブの様子(写真:株式会社西武ライオンズ提供)

2018年シーズンは1度も首位を陥落することなく、8月4日(土)を迎えた埼玉西武ライオンズ。この日は歌手の渡辺美里さんをメットライフドームに迎え、対北海道日本ハムファイターズとの試合が行われた。

試合開始に先立ち、渡辺美里さんは松井稼頭央選手と対談した。

「松井さん、本当にお久しぶりです。ライオンズに復帰されてまたお会いできてとても感慨深いです。私は1986年から20年間、このスタジアムでライブをさせていただいたので、松井さんより西武歴は長いかな(笑)。松井さんに初めてお会いしたのは1996年、この球場で始球式をさせていただいたときでしたね。

その後は、1998年に私の楽曲『太陽は知っている』でコーラス参加もしてもらいましたよね。とっても上手に、さすがのリズム感で歌ってくれたことをよく覚えています。また引き続き松井さんのことを、応援していきますね」と渡辺さんが話しかけると、

松井選手も「こちらこそまたお会いできてとても嬉しいです。1998年のCD収録、僕もよく覚えています。

なかなか上手く歌うことはできませんでした(笑)。当時、美里さんがこの球場でライブをされていたときは、遠征に出ていたので、見ることができませんでしたが、他の会場のライブにはよく行かせていただいておりました。今日は13年ぶりにメットライフドームで歌われるということで、僕もファンとして楽しみたいです」と再会の喜びを表した。

渡辺さんにとってもホームへの凱旋

プレーボール前に、渡辺美里さんによる国歌独唱が行われた。独唱終了後に行われた囲み取材では報道陣から「(初めて当時の西武ライオンズ球場でライブを行った)1986年と比べて、どちらが緊張したか」と問われると、「どちらかというよりも13年ぶりのドームで緊張しましたが、ホームで歌わせてもらっているような安心感がありました」と笑顔を見せた。

国歌独唱をした渡辺美里さん(写真:株式会社西武ライオンズ提供)

注目している選手としては、「“アップルビーム”が気になります」と外崎修汰選手を即座に挙げ、「テレビで観戦した試合では、本塁打など得点に絡む試合をしていました。

ヒーローインタビューで素敵な青森弁を聞かせていただいていたので、お話ししてみたかったです」と思いを語った。

筆者も「西武鉄道では今年度中に新型特急車両が納入されるが、新型特急での『MISATOトレイン』の実現をファンも待っていると思う。渡辺さんの思いをお聞かせください」と質問を投げ掛けたところ、「私は乗り鉄ではないのですが、機会があればぜひ実現したいですね」と回答し、囲み取材を締めくくった。

次ページ限定復活した臨時列車も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT