自分の睡眠を簡単に可視化できる3つの方法

腕につけるスマートウォッチだけではない

Fitbit Versaで記録した実際の筆者の睡眠例。就寝時間が遅かったが、部屋が明るくなり8時前に一度目覚めてしまう。トイレに起きてから二度寝を試みるも、さほどよく眠れなかったという朝(筆者撮影)

一晩で、朝まで深い眠りがひたすら出ていればいいというわけではないので、ご注意ください。睡眠の前半で深い眠りのノンレム睡眠が出現しやすく、後半には徐々に減って浅いレム睡眠が増え、起床の準備を始めるというのが一般的なパターン。ですから、後半に深い眠りが少ないからといって驚くことはありません。

逆に、深い眠りがまったく出ておらず、日中にひどい眠気に襲われる場合は、睡眠時無呼吸症候群など、なんらかの問題を抱えているかもしれませんので、専門医に相談することをおすすめします。

自分の眠りのパターンを把握する

特に問題がなく、昼間にも眠気を感じないようなら、そのまましばらく記録を続けてみてください。問題がないのになぜかと思われるかもしれませんが、記録し続けていると、自分の眠りのパターンが見えてくるはず。生活習慣が一定の方は特に、いつもの睡眠パターンと違う状態になったとき、異常に気づきやすいからです。

なお、グラフの表示方法は製品ごとに大きく異なるので、自分が見やすい、わかりやすいと感じるものを選ぶほうがストレスがないでしょう。自分に合った方法で、眠りを可視化し、明日のパフォーマンスに生かしてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。