「iPhone X」不振、有機ELは本当に儲かるのか

サムスンが投資にブレーキ、日本勢も茨の道

「iPhone X」が不振でも、今年も米アップルは有機ELモデルを準備している(写真:アップル)

スマートフォンのディスプレーパネルは、液晶から有機ELへと急速に入れ替わる──。米アップルが昨年発売した「iPhone X(テン)」への有機EL採用が決まってから業界が期待したシナリオが、早くも崩れつつある。

最大の誤算は、市場拡大の起爆剤と期待されたiPhone Xの販売不振だ。取引メーカー関係者によれば、今年1〜3月の生産台数は計画の半分程度。不振の原因は、11万円超(税別国内価格、一括払いの場合)という従来モデルよりも割高な価格が支持されなかった点にある。

価格を押し上げたのは、韓国サムスン電子が独占供給する有機ELパネルだ。当初の調達価格は1枚当たり約110ドル(約1.2万円。液晶モデル「8 Plus」の2倍超)で、本体コストの約3割を占める。

iPhone X減速でサムスンは投資凍結

サムスン自身が販売するスマホのほか、ファーウェイやオッポなど中国勢の有機EL搭載モデルも価格がネックとなり需要が伸びず、パネルは供給過多だ。英調査会社IHSマークイットも、直近の市場減速を織り込み、2020年時点の中小型パネル市場規模予測を、740億ドル(約8.2兆円)から540億ドル(約6兆円)へと大きく下方修正した。

こうした状況を受け、サムスンは2018年度の有機EL投資の抑制に動いている。液晶パネル生産から転用した工場の立ち上げを遅らせ、建設計画を発表していた新工場は投資が凍結されたままだ。

市場に逆風が吹く中、中国政府が主導する産業政策「中国製造2025」の下で拡大路線を進むのが、京東方科技集団(BOE)である。中国政府にとって、有機ELの国産化は悲願だ。

次ページBOEは新工場を次々に建設
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT