「夫へのマイナス感情」をプラス転換する妙策

やり場のない感情を社会課題解決に活かす道

年収がそれぞれ700万円を超える夫婦を「パワーカップル」と言い、2017年は2013年に比べて5万世帯増の26万世帯に上った。

一見裕福で幸福にみえるパワーカップル。だが、筆者の周りでは最近、40~50代の離婚話が多く聞こえてくるようになった。その背景には、妻による夫への支配欲求が高まっていく構図があると考えられる。

パワーカップルの妻は総合職であるケースが多く、会社や夫と対等な関係を築いているが、出産後ガラっと景色が変わるとの声を筆者はよく耳にしてきた。

たとえば、復職後の同僚や上司の態度が変貌して「2軍扱い」を受けたり、自由に残業している同僚の働き方にいらだちを覚えたり、与えられる仕事の規模やレベル、面白さが落ちてきたりして、まったく別の会社に一般職で再就職したようだという。

夫婦の思惑にはズレがある

さらに家庭では、自分が思うようにうまく事が運ばず、有能感を失うことから自己肯定感が満たされず苦しむケースが増えている。時間どおりに動いてくれない子ども、自由気ままに残業や寄り道する夫……家庭と仕事の両立に奮闘した女性なら、一度は経験があるのではないだろうか。

かといって、夫が何もしていないわけではない。海外と比較すると低レベルではあるものの、以前に比べて家事や育児に参画するようになっているのは事実だ。

社会生活基本調査によると、6歳未満の子どもを持つ夫が1週間に家事・育児に当たる平均時間は、1996年の38分から2016年の83分へと20年で2倍以上に増えている。

ただ、夫婦の思惑にはズレがある。

妻は夫と自分を比較するが、夫は過去の自分や父親像と比較して自らを評価する。こうなると、話はいつまで経っても平行線だ。妻が現状に不満を抱いて夫に協力を求めても、夫は自分がどれだけ努力しているかを主張し、やがて夫婦間に亀裂が生じる。

次ページ妻からLINEで100行
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。