「夫へのマイナス感情」をプラス転換する妙策

やり場のない感情を社会課題解決に活かす道

アドボカシーとは、社会問題のステークホルダーに語りかけ、課題を解決していく市民活動だ。ここ最近、若者を中心に、政治家に政策提言するNPOや一般社団法人が増えてきている。

とはいえ、「市民活動ってちょっと怖い」「政治って遠い世界のこと」などと思われる方も多いかもしれない。5年前の筆者も同じ気持ちだった。

だが、それほど案ずることはない。自分が思う社会課題や活動内容に合わせて選択することも可能だ。

プラカードを持って行進する団体もあれば、政治家にロビーイング活動(直接対話)したり、学びと交流の場として勉強会を実施したりする団体もある。

ちょっとしたイベントへの参加で、思いがけない出会いや、地域を越えた交流がある。活動に参画すれば、自分の得意分野で活躍できたり、異なる視点を得られたりして、ひょっとすると人間的成長を遂げられるかもしれない。

少なくとも筆者は、アドボカシー活動のおかげで多くのものを得られたし、自らの手で「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」という市民団体をつくってしまった。

やり場のない感情を変革の力に

そもそも、やり場のない感情の矛先を大切なパートナーにぶつけて破局の道へ進むのではなく、社会の課題解決に向ければ、自分の能力を大いに発揮できる。そのうえ、社会貢献にもつながり、子どもたちに今よりも良い世の中を継承していける。

もっと言えば、夫の長時間労働が改善されないのは社会の制度に一因があるし、妻がマミートラックにはまるのは、政治がもたらす保守的な文化にも一因がある。つまり、政治と生活は密接にかかわっている。政治が良くならなければ永遠に今のままなのだ。

悲しいかな、社会問題は気がついた誰かが動かないと変わらない。その変革の第一歩を踏むことは、誰にでもできるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT