「消しゴム」はどうやって字を消しているのか

意外と知らない、文房具の「すごい技術」

鉛筆の芯の濃さと硬さはBとHからなる「硬度記号」で表される。Bは「Black」、Hは「Hard」の頭文字で、Bにつけられた数が大きいほど軟らかく、Hにつけられた数が大きいほど硬い。

鉛筆の硬さは黒鉛と粘土の割合によって決まる。たとえば、HBでは黒鉛70%に対して、粘土30%。Bの数が多いほど黒鉛が多く含まれることになる。ちなみに、HとHBの中間にFがある。Fは「Firm」(ひきしまった)の頭文字だ。

複写式領収書などで大活躍!ノーカーボン紙

鉛筆やボールペンなど、ペンで書かれた文字を複写するための「ノーカーボン紙」は、生活のさまざまなシーンで利用されている。銀行の振込用紙や宅配便の伝票ほか、いわゆる「控え」が必要な場面で活躍しているのはご存じだろう。

この「ノーカーボン紙」の一方では、当然「カーボン紙」もある。たとえば宅配便の伝票で、自分用の控えにこれが利用されている。1面の裏にカーボン(炭の粉)を塗り、筆圧で2面の紙に印字する方式だ。このしくみからわかるように、これは安価だが、触ると手が汚れる場合が多い。

カーボン紙の転写のしくみ(イラスト:小林哲也)

つまり、カーボン紙で手が汚れる問題を解消する製品こそノーカーボン紙だったのだが、1953年に米国で発明されたこの製品、そもそもどのようなしくみなのだろう。

ノーカーボン紙にはミクロン単位の大きさの「マイクロカプセル」が利用されている。ペンの筆圧が加えられると、1面の裏面に塗布してあるカプセルが壊れ、中に入っている無色の「発色剤」が染み出す。すると、2面表に塗ってある「顕色剤」と化学反応し、色が現れる。これが、控えの紙の文字になるのだ。

次ページノーカーボン紙で文字が写るしくみ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。