「消しゴム」はどうやって字を消しているのか

意外と知らない、文房具の「すごい技術」

鉛筆の芯の濃さと硬さはBとHからなる「硬度記号」で表される。Bは「Black」、Hは「Hard」の頭文字で、Bにつけられた数が大きいほど軟らかく、Hにつけられた数が大きいほど硬い。

鉛筆の硬さは黒鉛と粘土の割合によって決まる。たとえば、HBでは黒鉛70%に対して、粘土30%。Bの数が多いほど黒鉛が多く含まれることになる。ちなみに、HとHBの中間にFがある。Fは「Firm」(ひきしまった)の頭文字だ。

複写式領収書などで大活躍!ノーカーボン紙

鉛筆やボールペンなど、ペンで書かれた文字を複写するための「ノーカーボン紙」は、生活のさまざまなシーンで利用されている。銀行の振込用紙や宅配便の伝票ほか、いわゆる「控え」が必要な場面で活躍しているのはご存じだろう。

この「ノーカーボン紙」の一方では、当然「カーボン紙」もある。たとえば宅配便の伝票で、自分用の控えにこれが利用されている。1面の裏にカーボン(炭の粉)を塗り、筆圧で2面の紙に印字する方式だ。このしくみからわかるように、これは安価だが、触ると手が汚れる場合が多い。

カーボン紙の転写のしくみ(イラスト:小林哲也)

つまり、カーボン紙で手が汚れる問題を解消する製品こそノーカーボン紙だったのだが、1953年に米国で発明されたこの製品、そもそもどのようなしくみなのだろう。

ノーカーボン紙にはミクロン単位の大きさの「マイクロカプセル」が利用されている。ペンの筆圧が加えられると、1面の裏面に塗布してあるカプセルが壊れ、中に入っている無色の「発色剤」が染み出す。すると、2面表に塗ってある「顕色剤」と化学反応し、色が現れる。これが、控えの紙の文字になるのだ。

次ページノーカーボン紙で文字が写るしくみ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT