「消しゴム」はどうやって字を消しているのか

意外と知らない、文房具の「すごい技術」

ノーカーボン紙で文字が写るしくみ(イラスト:小林哲也)
マイクロカプセルはミクロン単位(イラスト:小林哲也)

FAXやレシートの用紙に利用されている「熱転写用紙」

ノーカーボン紙と同様の印字のしくみは「熱転写用紙」にも活用されている。熱転写用紙はFAXやレシートの用紙に利用されているが、プリンターヘッドの熱パターンがそのまま転写される紙である。紙表面に発色剤と顕色剤を混合しておき、熱でこれらふたつを化学反応させるしくみだ。

感熱紙のしくみ(イラスト:小林哲也)
『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

なお、カーボンを使っていないという意味で、ここで解説したノーカーボン紙とは異なる方式のノーカーボン紙も存在する。パイロットが実用化した「プラスチックカーボン紙」だ。これは、プラスチック層にインクを含ませた構造を採用し、手が汚れないように工夫されている。

以上、この記事では、私たちがよく使う文房具にまつわる“すごい技術”を簡単に解説した。「よくお世話になっているけれど、しくみはよく知らない」モノはまだまだたくさんある。私たちが日々“当たり前の生活”を送れるのは、身近なモノの“すごい技術”があってこそなのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。