居心地の良い組織の「業績が悪い」という逆説

「明るさ」と「ゆるさ」を混同してはいないか

この取り組みを始めた当初は、不満を漏らすメンバーもいました。しかし、そうした声はすぐになくなっていきました。業務中の日常会話を制限すれば、必ず反発が出るでしょう。しかし、会議という公式の場で、目的に沿った議論だけに徹するというのは当然のことで、それくらいはメンバーたちもわかっています。そこに反論の余地はありません。そして、1日に一度「仕事に徹しなければならない引き締めの場をつくった」ことで、日常的な雰囲気も当初感じられていた「ゆるさ」は徐々に薄れていきました。

この例のように、「雰囲気がよい」ことだけを標榜しているチームは、意外に多いのが実情です。先のリーダーのように、最近の若い世代を意識するがあまり、「和やかな雰囲気」をよしとし、多少の行き過ぎには目をつむるケースもあります。

その根底には、本当は厳しく言わなければならないと自覚しているが言えない、必要以上にお互いに干渉しない希薄な関係、他人にするべき要求をしない、目標レベルが低い、向上心がない、といった問題が潜んでいます。こうした状態が続けば当然、チームの業績は伸びていきません。

本当の意味での「空気のよさ」とは、切磋琢磨(せっさたくま)、相互尊重、勝ちぐせ、自信、自己肯定といったものがメンバーの身に付いており、それが自然に湧き出てくるような状態です。リーダーはその違いを十分に認識しなければなりません。

メンバーの「ご機嫌伺い」に終止してはならない

あるプロサッカーチームの主将が、「明るさと軽さは紙一重」と語ったことがあります。若い選手が多いチームで、選手同士の年齢が近かったことから、いつも仲よく明るい雰囲気でした。ですが、大事な大会の直前、主将は全体の雰囲気から「フワフワしたゆるさ」を感じ、このまま放置しては危ないと考えました。

『リーダーは“空気"をつくれ!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そこでミーティングで選手の気持ちを引き締めるため、「勝つことにこだわる」大切さを説いたのです。勝つためには本当の意味で何が必要なのか、チームの一人ひとりがどういった心持ちで試合に臨むべきなのかを明確に提示し、これを徹底しました。結果、このチームはその後の大会で終盤まで勝ち進み、当初の目標を上回る結果を得ることができました。

「雰囲気をよくすること」はリーダーの仕事の一つです。ですが、メンバーのやる気の維持やご機嫌うかがいばかりに心が捉われ、チームとしての役割を果たす(=チームの業績を伸ばす、目標を達成する)という大前提を見失ってしまっては本末転倒です。それでは決してよい空気はつくれません。「ゆるさ」が目に余るというなら、ときに厳しく注意することも大切です。

メンバーがチームの目標に対し、高いモチベーションをもって最大限の能力を発揮できる――。そんな空気づくりを目指してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。