10代にピンと来ないフィルム時代の撮影事情

デジカメ移行の過渡期をカメラマンが語る

1987年に香港の会場で撮影された、7人制ラグビーの大会「香港セブンズ」のカット(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

ただし、カメラ自体のトラブルは、フィルム時代のほうが少なかったというのが矢野さんの実感。

「高度な精密機器となった今のデジカメに比べれば、フィルムカメラは設定を合わせてシャッターを押すだけのシンプルな構造です。少々の不具合であれば、器用な人なら自分でカメラを直すことができました。それに対してデジカメは、電源が入らなくなったりボタンが利かなくなったりしたら、もうお手上げでまったく操作できなくなります」

フィルムで撮った写真の魅力は、瞬間の深み

そんな矢野さんがデジカメを本格的に使い始めたのは2002年のこと。スポーツ専門の出版社の社員から、フリーランスに転向した頃でした。

(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

「仕事の依頼を受けていた会社がデジカメへ完全に移行することになったのがきっかけでした。この時に会社が購入したのは、ニコンのD1というモデルで、画素数は266万画素。今使っているカメラが2082万画素であることを考えると、性能に雲泥の差があるのがわかります。当時撮影したデジタル写真とフィルム写真を見比べてみると、まだまだ発色や画像の細かさなどが明確に違います」

なお、会社がデジタルカメラ導入を決めた理由は、コストの問題だったそう。フィルム代と現像代が発生するため、複数のカメラマンが1カ月に何十本ものフィルムを使うと多額のコストがかかっていました。一方、デジカメはフィルムも現像も不要。デジタルへの移行が急務であったのも大いに納得できます。

プロレスやプロ野球のナイターのような光量の少ない会場で、動きの早いスポーツをデジカメで撮るのは、「当初は大きなハンデを感じた」と振り返る矢野さん。それでも、デジカメは日進月歩で発達し、今ではカメラメーカーの開発者の努力によってフィルムカメラ以上の精度に向上したと言います。

その上で、フィルム写真への思い入れを、矢野さんは次のように語ります。

「デジカメで撮った写真というのは、あくまで“画像データ”だと思うのです。だからこそ、撮り残ったカットをその場で消せたり、レタッチできたりする利点があります。しかし、実際にこうして昔のフィルムを眺めてみると、ミスショットやタイミングを逃したカットを含めたすべてが残っている。やはりフィルム写真にはその場その場の瞬間でしか写すことのできない深みを感じますね」

デジカメ全盛の現在ですが、その根底を支えているのは、フィルム時代から脈々と育まれてきた撮影技術です。今後も技術とツールの進化が、メディアの現場にさらなる利便性をもたらすことになるでしょう。

(取材・文/友清 哲、編集/ノオト)

newsHACKの関連記事
女性の関心は世代で移り変わる?――30代は保育、40代はPTA、分析で見えた傾向
20代は野球、30代はサッカー? Yahoo!ニュース トピックスの分析で見えてきた傾向
280万フォロワーの発信術――日本経済新聞社のTwitter戦略を聞く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。