キタムラが「大量閉店」を決めた本当の理由

総務省のスマホ販売規制と報じられたが・・・

大量閉店と報道されたカメラのキタムラ。その実態はどうなのだろうか?(記者撮影)

1月中旬、ネットニュースの報道を皮切りに、大手新聞メディアも「写真専門チェーン最大手のキタムラが大量閉店に追い込まれている」と書き立てた。

1月中に21店舗、2月中に1店舗の合計22店を一気に閉店するとの内容だが、理由として各媒体が報じたのは総務省のスマートフォン販売規制による影響だった。総務省は昨年4月、「実質ゼロ円販売」(2年間の利用を前提に端末代金と同額の料金を値引きする)や高額キャシュバックなどを禁止するガイドラインを発表し、各社を指導している。この影響でスマホ販売が低迷し、キタムラの大量閉店につながったというものだ。

だが、同社はスマホ販売のほかにもカメラ販売、年賀状印刷、写真プリント、写真スタジオなど幅広い事業を手掛けている。スマホ販売の低迷だけが店舗閉店の理由だろうか。真相を探った。

毎年、店舗の整理や統合は進めている

2016年9月末時点で「カメラのキタムラ」は850店ある。1月中に閉店するのは郊外を中心に21店舗。2月は1店舗の閉店が決定しているが、まだ増える可能性もあるという。2016年度は4~12月までに14店閉店しており、合計36店の閉店となる予定だ。

1月に閉店する21店のうち、約3分の1はイオングループ内にある店舗で、定期借地権の期間終了によるものが多い。「赤字店または今後採算の改善が見込めない店舗を中心に撤退した」と、取締役管理部長の菅原孝行氏は説明する。

1月までの新規出店数5に対して、36店の閉店は確かに多いように映る。だが同社は毎年、店舗の整理・統合を進めており、今回がそれほど突出して多いというわけではないのだ。実際、2015年度は閉店23(出店8)、2014年度は閉店19(出店5)、2013年度は閉店20(出店2)、2012年度は実に閉店53店(出店7)だ。

次ページデジカメ販売の調子は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT