auショップ、「実質ゼロ円」廃止の甚大影響

2月に入り、販売動向は一気に変わった

2月に入りauショップの客数が減速。この傾向は今後も続くのか

総務省主導で決まった「実質ゼロ円」の廃止が、携帯各社の販売動向に早くも影響をもたらしている。

携帯大手のKDDIは2月9日、2016年3月期第3四半期(2015年4月~12月)を発表した。9カ月間のIFRS(国際会計基準)ベースの営業利益は6724億円。前年同期比11%増益で、通期計画の8200億円と比較した進捗率は82%と好調だった。

スマホに加えてタブレット端末やモバイルルーターなどの拡販で、携帯の契約数はプラス136万と純増だったうえ、1契約者当たりの月間売上高も前年同期より170円増えて6160円となっている。

なぜ通期予想を据え置いたのか?

業績は好調だが、KDDIは通期の業績計画を据え置いた。その理由について、田中孝司社長は「2月に入って、市場が急激に変わっている」と不安そうに語り、表情も冴えない。足元の客足が落ち込んでいるからだ。

auショップの状況は深刻だ。「1月31日は店頭に客があふれかえっていたのに、(実質ゼロ円の表示をやめた)2月になると(客足が)2割減っている。1月に需要を先食いしたのかもしれない。その後どうなるかが読めない。もう少したてばわかってくるのかもしれないが」(田中社長)。

1月に比べて、2月の客足が激減しているのは同業他社も同じ。ソフトバンクの宮内謙社長は、同じ質問に対し、2月10日の決算会見で、「1月末と比べると2月はがくんと減った」としている。

次ページ他社はどうだったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。