一眼でもうまく撮れない人が知らない3常識

オートモードに任せすぎていませんか

宝の持ち腐れにならないために(写真:Graphs / PIXTA)
「一眼レフで撮れば、劇的にすごい写真が撮れるはず!」
そう思って一眼レフのデジカメを手にしてみたものの、「撮ってみたら何か微妙……」。そんな経験はありませんか?
「デジカメ選び、今さら聞けない基本中の基本」(2月10日配信)に続いて、カメラ挫折経験をもつイラストレーターのこいしゆうかさんが、写真家の鈴木知子先生に学びながら、カメラを上達していく様子をコミックでまとめた『カメラはじめます!』から、カメラのコツを紹介します。

あなたがカメラに挫折する理由

私も初めはせっかくの一眼レフだからと張り切って、マニュアルや他の設定に挑戦しようと試みました。しかしいまいち使い方がわからず、結局いちばん失敗しないという理由で、もっぱらオートでの撮影に。そのうち、「あまりスマホで撮るのと変わらないかも……」と、いつの間にかカメラは引き出しの奥底で眠ることになってしまいました。

そもそも「何がわからないのかが、わからない」というのが、大きな壁なんです。そして、その壁をなかなか越えられない原因のひとつは、カメラの説明書や教本が「ちゃんとし過ぎているから」なのかもしれません。

次ページ「脱オート」は意外にカンタンだった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。