一眼でもうまく撮れない人が知らない3常識

オートモードに任せすぎていませんか

カメラにはいろいろなモードがあります。中でも、初心者がいちばん使う頻度が高いのが「AUTO(おまかせオートモード)」ではないでしょうか。

今のカメラは性能がいいので、AUTOでも、大体のものは不自由なく撮影できます。ただし、このモードはあくまでも「失敗しないで撮れるように、カメラに全部お任せ」という状態。色や明るさも、すべてカメラが独自に判断をしてくれているわけです。そのため、いざ撮れた写真を見ると、自分が撮りたいと思っていた理想の写真と「何か違う」とギャップを感じる場合があります。

都合のよい「こだわりオートモード」

(出所)『カメラはじめます!』(サンクチュアリ出版)

そこで、このギャップを埋めるために、カメラに自分の希望を伝えていく必要があるわけです。ただし、そのためにマニュアルで撮影しなければいけないのかというと、実はその必要はありません。なぜなら、自分の理想に近づけるために、少しだけカメラにお願いごとができる、都合のよいモードが存在するからです。それが、「AUTO」と「マニュアル」の間に存在する「こだわりオートモード」です。

次ページ「こだわりオートモード」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。