一眼でもうまく撮れない人が知らない3常識

オートモードに任せすぎていませんか

カメラにはいろいろなモードがあります。中でも、初心者がいちばん使う頻度が高いのが「AUTO(おまかせオートモード)」ではないでしょうか。

今のカメラは性能がいいので、AUTOでも、大体のものは不自由なく撮影できます。ただし、このモードはあくまでも「失敗しないで撮れるように、カメラに全部お任せ」という状態。色や明るさも、すべてカメラが独自に判断をしてくれているわけです。そのため、いざ撮れた写真を見ると、自分が撮りたいと思っていた理想の写真と「何か違う」とギャップを感じる場合があります。

都合のよい「こだわりオートモード」

(出所)『カメラはじめます!』(サンクチュアリ出版)

そこで、このギャップを埋めるために、カメラに自分の希望を伝えていく必要があるわけです。ただし、そのためにマニュアルで撮影しなければいけないのかというと、実はその必要はありません。なぜなら、自分の理想に近づけるために、少しだけカメラにお願いごとができる、都合のよいモードが存在するからです。それが、「AUTO」と「マニュアル」の間に存在する「こだわりオートモード」です。

次ページ「こだわりオートモード」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。