出口治明「歴史はタテとヨコで見ると面白い」

子どもに影響を与える「本を読む姿勢」

「本を読む姿勢」は子どもにも影響を与えます(写真:NHK出版提供)

大人がまず本を読む姿勢を見せる

10代の人の親御さんや身内の方から、「子どもが本を読まない」という嘆きの声をよく聞きます。「どうしたら本を読むようになるでしょうか?」と。

僕がそう問われたときに答えているのは、「まずあなたが本を読んでいるのですか?」ということです。人間はロールモデルを見て育つ存在で、特に子どもや若者はそうです。周囲の大人の真似をします。だから、まず大人が本を読んでいるところを見せるべきなのです。

どんな本でもいいので、なにか難しそうな本を読んでいる姿を見せて、その本を読みながらゲラゲラ笑えばいいのです。内容はわかっていなくても構いません。そういう、大人の責任として子どもたちが本を読むための「仕掛け・仕組み」が必要で、それをせずに、「子ども・若者の本離れ」を嘆いたりしても仕方がないと思います。「なんかしらんけど、本を読むって楽しそうやな」と思わせることが大事なのです。

それから、お子さんとできれば一緒に、地元の図書館に行って、司書の方に相談してみてください。その子の興味を持ちそうな本を、貸し出しの冊数制限いっぱいまで借りてきて、それを家の中で、子どもの動線上のあちこちに置いておくのです。そうすれば、自然に興味がわいて、「ちょっと読んでみようか」となるのです。大事なのはそこで「こんな本を読ませたら役に立つかも」とか「立派な教訓が書かれている本を読ませよう」などと思わないことです。

次ページ本の値打ちは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。