出口治明「歴史はタテとヨコで見ると面白い」

子どもに影響を与える「本を読む姿勢」

「本を読む姿勢」は子どもにも影響を与えます(写真:NHK出版提供)

大人がまず本を読む姿勢を見せる

10代の人の親御さんや身内の方から、「子どもが本を読まない」という嘆きの声をよく聞きます。「どうしたら本を読むようになるでしょうか?」と。

僕がそう問われたときに答えているのは、「まずあなたが本を読んでいるのですか?」ということです。人間はロールモデルを見て育つ存在で、特に子どもや若者はそうです。周囲の大人の真似をします。だから、まず大人が本を読んでいるところを見せるべきなのです。

どんな本でもいいので、なにか難しそうな本を読んでいる姿を見せて、その本を読みながらゲラゲラ笑えばいいのです。内容はわかっていなくても構いません。そういう、大人の責任として子どもたちが本を読むための「仕掛け・仕組み」が必要で、それをせずに、「子ども・若者の本離れ」を嘆いたりしても仕方がないと思います。「なんかしらんけど、本を読むって楽しそうやな」と思わせることが大事なのです。

それから、お子さんとできれば一緒に、地元の図書館に行って、司書の方に相談してみてください。その子の興味を持ちそうな本を、貸し出しの冊数制限いっぱいまで借りてきて、それを家の中で、子どもの動線上のあちこちに置いておくのです。そうすれば、自然に興味がわいて、「ちょっと読んでみようか」となるのです。大事なのはそこで「こんな本を読ませたら役に立つかも」とか「立派な教訓が書かれている本を読ませよう」などと思わないことです。

次ページ本の値打ちは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT