出口治明「歴史はタテとヨコで見ると面白い」

子どもに影響を与える「本を読む姿勢」

「本を読む姿勢」は子どもにも影響を与えます(写真:NHK出版提供)

大人がまず本を読む姿勢を見せる

10代の人の親御さんや身内の方から、「子どもが本を読まない」という嘆きの声をよく聞きます。「どうしたら本を読むようになるでしょうか?」と。

僕がそう問われたときに答えているのは、「まずあなたが本を読んでいるのですか?」ということです。人間はロールモデルを見て育つ存在で、特に子どもや若者はそうです。周囲の大人の真似をします。だから、まず大人が本を読んでいるところを見せるべきなのです。

どんな本でもいいので、なにか難しそうな本を読んでいる姿を見せて、その本を読みながらゲラゲラ笑えばいいのです。内容はわかっていなくても構いません。そういう、大人の責任として子どもたちが本を読むための「仕掛け・仕組み」が必要で、それをせずに、「子ども・若者の本離れ」を嘆いたりしても仕方がないと思います。「なんかしらんけど、本を読むって楽しそうやな」と思わせることが大事なのです。

それから、お子さんとできれば一緒に、地元の図書館に行って、司書の方に相談してみてください。その子の興味を持ちそうな本を、貸し出しの冊数制限いっぱいまで借りてきて、それを家の中で、子どもの動線上のあちこちに置いておくのです。そうすれば、自然に興味がわいて、「ちょっと読んでみようか」となるのです。大事なのはそこで「こんな本を読ませたら役に立つかも」とか「立派な教訓が書かれている本を読ませよう」などと思わないことです。

次ページ本の値打ちは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。