出口治明「歴史はタテとヨコで見ると面白い」

子どもに影響を与える「本を読む姿勢」

いま、時代も場所もと述べましたが、これは「縦軸」と「横軸」と言い換えられます。歴史を学ぶのにどうしたらいいのですかと、よく尋ねられますが、縦軸と横軸の因果関係を知れば、理解は深まるでしょう。

この因果関係を考えるというのはとても大事なことです。たとえば、「日本の文明はどのあたりが発祥ですか?」と質問をします。「北九州のあたり」と答える方が多いのです。それはそのとおりなのですが、「ではなぜ北九州なのでしょうか?」とさらに問うと、「大陸に近いからですか?」という反応が返ってきます。しかし、大陸に近いだけなら北海道も近いですし、能登半島のあたりも船でひとまたぎです。この答えは、「朝鮮半島南部で鉄が産出したから」なのですね。鉄が採れ、鉄の道具が作れるようになると、農業が飛躍的に発展します。これはすぐわかりますよね。そうすると、文明が興るのです。

さらに進めて、ではその鉄器の代価を何で支払っていたのかを考えてみましょう。お米は朝鮮半島でも穫れますし、魚などは腐ってしまいます。この答えは「人」なのです。傭兵やさまざまな使役に従事する人を差し出すことで、鉄や仏教などの進んだ文明の文物を得ていたのです。『後漢書』や『魏志』に「生口(せいこう)を献上した」記録があるのは、その証です。

「出口史観」なんてありません

こうして因果関係を大きな物語としてとらえると、単にファクトを並べるのとは違って、俄然、歴史を知ることが楽しくなります。

僕が、『0から学ぶ「日本史」講義』や『全世界史』など、歴史の本を書いているのは、こういう因果関係を解説している本があまりないからです。

『別冊NHK100分de名著 読書の学校 出口治明 特別授業『西遊記』』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近それらについて、「出口史観」などと言われることがあって戸惑うのですが、僕が書いているのは、学者の方々が積み上げてこられた研究の成果に基づいたもので、「出口史観」などというものはないのです。学者のみなさんの研究の蓄積から導き出せる因果関係を語っているだけなのです。

近刊の「歴史を知る」ための面白い本として、呉座勇一さんの『陰謀の日本中世史』 (角川新書)をぜひおすすめしたいと思います。一見わかりやすい、耳触りのいい「陰謀論」が、どうダメなのかが、明快に語られています。

歴史や作品の背景を知り、物語についてはおおらかに楽しむのが古典を読むためにはいいのだと思います。そうして本を読むことが、若い人たちがゆたかな人生を送るための助けになればと願っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT