ヒットの裏に新世代主婦?Mart族の嗅覚

「自分主導」でブームを作り出す主婦たち

旦那のいない大半の日常で、主婦が車のユーザーなのです。なんのために運転しているかというと、大抵は子どもの塾やお稽古ごとの送り迎え。で、合間にコンビニに寄ってコーヒーを買う。イートインがある店も増えましたが、「トイレのそばだから、そこでは飲みたくない」と言う。なので、駐車場のミニバンに戻って、車内でコーヒーを飲むのだそうです。それがミニバンのリアリティですよ。

もっと言うと、最近は「週末のキャンプ」も変わっている。旦那がママ文化に染まり始めているんですよ。かつてはコストコに行ってもフードコートで待ち続けていた旦那が、今は喜々としてカートを押して買い物を楽しんでいる。特集企画で柔軟剤の香りのマイブレンドを募集した際も、ちらほらパパ読者からの応募があってびっくりしました。

男性は平日の仕事で疲弊しているからか、週末の家庭文化まで創る余裕がない。だから今は週末の過ごし方も、ミニバンの使い方も、全部奥さんがイニシアチブを握っていると言えます。そう考えると、CMの作り方もほかにあるような気がしますよね。

リアリティをつかめば、もっと売れる

――メーカーにも、まだまだできることがたくさんありそうですね。

消費者のリアリティから生み出された、Martコラボのポッキーはデザインが可愛らしい

商品やCMを作る側からしたら、「主婦が子どもを送り迎えする日常に、ドラマなんてないでしょう」と思うのもわからなくないですが、そうした発想では、これからの成長に行き詰まってしまうでしょう。

読者に寄り添って大成功した例もあります。P&Gの洗濯用洗剤『ボールド』もそうでした。

『Mart』読者が望むかわいいパッケージにしたいが、そういうパッケージは店頭でのアピール力に欠ける。2つのデザインはどうしても両立しないと。そこで、『Mart』とタイアップをして、本誌内にラベルの上から重ねて張れるシールをつけたいという話になりました。

それで、いくつかのデザインを作ってウェブで人気投票をして、1位になったものを付録にしました。これを剥がしてボールドのボトルに張ると、洗面所に並べておきたくなるようなかわいいデザインボトルになるのです。これが大ヒットしました。今ではそのヒットを受けてなのか、ボールドはハートをあしらった、カラフルでファンシーなデザインのボトルになりましたね。

こういうタイアップの話はよくあるのですが、途中で頓挫してしまうことも多いのです。そういう中で、どこまで顧客に執着できるか、どこまで企業として向き合えるかです。

クリエーティブに丸投げという企業も多いですが、これまで語ってきたとおり、業界やプロの発想だけで消費者が満足する社会ではなくなりましたし、リアリティがないものは売れない。そういう主婦の価値観に、もう少し注目していただければいいなと思います。

(撮影:尾形文繁)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT