"非モテ"雑誌『リンネル』がバカ売れの理由

ナチュラル系という、巨大勢力

ふんわりとした色彩の表紙に、肩肘張らないナチュラル系のファッションをまとう女性――。女性ファッション誌『リンネル』(宝島社)は、『sweet』、『an・an』といった”女子感”全開の競合誌とは180度違う、独特の雰囲気を持つ雑誌だ。だがこの『リンネル』、実は毎月30万部と、月刊女性誌でトップクラスの販売部数を誇る。
10~70代まで幅広い読者を持つのも特徴のひとつ。そこまで幅広い読者を獲得できた秘訣は何か。西山千香子編集長に聞いた。
知られざる大ヒット雑誌『リンネル』はどう作られているのか?(写真は西山千香子編集長)

――西山さんはもともと書籍の編集者で、雑誌のご経験はない中から『リンネル』を創刊編集長として立ち上げられています。けっこう馬力のいる仕事だったかと思いますが、『リンネル』を作りたいと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

ひとつのきっかけは、自分自身が30歳を過ぎた頃、「そういえばあまりファション誌を読まなくなったな」と、気がついたことだったかもしれません。

以前は雑誌が大好きで、『Olive』『an・an』『non-no』とか、いろいろな雑誌を読んでいました。ところが30代になると、仕事なり、暮らしなり、なんとなく自分のスタイルが見えてきて、必要だと思う情報が絞られてきたのです。

ところが、多くの雑誌は情報量が膨大すぎて、「消化しきれないし、もういいや」という気分になったわけです。周囲の同世代の友人に聞いてみたら、同じように考える人がたくさんいました。

30代になって、ファッションが嫌いになったわけじゃないし、情報が欲しくないわけでもない。ただ、自分にとって必要なものだけが欲しい。そんな自分たちの今の雰囲気に合う雑誌があればと思い、『リンネル』の立ち上げに至りました。

なぜ「ナチュラル系」がウケるのか

――2008年、季刊のムック本からのスタートで、今では毎月30万部を売り上げる、業界でも有数の雑誌になりました。

ムックの時代からとても反響があって、正直、自分でも「こういうテイストを好まれる人がこんなにたくさんいたんだ!」という気分でした。

――では、初めはここまで大きな雑誌になることを想定されていなかったと。

全然、まったく、想定していませんでした(笑)。

次ページ家の中でだけラクな服、ではダメ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。