"非モテ"雑誌『リンネル』がバカ売れの理由

ナチュラル系という、巨大勢力

ふんわりとした色彩の表紙に、肩肘張らないナチュラル系のファッションをまとう女性――。女性ファッション誌『リンネル』(宝島社)は、『sweet』、『an・an』といった”女子感”全開の競合誌とは180度違う、独特の雰囲気を持つ雑誌だ。だがこの『リンネル』、実は毎月30万部と、月刊女性誌でトップクラスの販売部数を誇る。
10~70代まで幅広い読者を持つのも特徴のひとつ。そこまで幅広い読者を獲得できた秘訣は何か。西山千香子編集長に聞いた。
知られざる大ヒット雑誌『リンネル』はどう作られているのか?(写真は西山千香子編集長)

――西山さんはもともと書籍の編集者で、雑誌のご経験はない中から『リンネル』を創刊編集長として立ち上げられています。けっこう馬力のいる仕事だったかと思いますが、『リンネル』を作りたいと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

ひとつのきっかけは、自分自身が30歳を過ぎた頃、「そういえばあまりファション誌を読まなくなったな」と、気がついたことだったかもしれません。

以前は雑誌が大好きで、『Olive』『an・an』『non-no』とか、いろいろな雑誌を読んでいました。ところが30代になると、仕事なり、暮らしなり、なんとなく自分のスタイルが見えてきて、必要だと思う情報が絞られてきたのです。

ところが、多くの雑誌は情報量が膨大すぎて、「消化しきれないし、もういいや」という気分になったわけです。周囲の同世代の友人に聞いてみたら、同じように考える人がたくさんいました。

30代になって、ファッションが嫌いになったわけじゃないし、情報が欲しくないわけでもない。ただ、自分にとって必要なものだけが欲しい。そんな自分たちの今の雰囲気に合う雑誌があればと思い、『リンネル』の立ち上げに至りました。

なぜ「ナチュラル系」がウケるのか

――2008年、季刊のムック本からのスタートで、今では毎月30万部を売り上げる、業界でも有数の雑誌になりました。

ムックの時代からとても反響があって、正直、自分でも「こういうテイストを好まれる人がこんなにたくさんいたんだ!」という気分でした。

――では、初めはここまで大きな雑誌になることを想定されていなかったと。

全然、まったく、想定していませんでした(笑)。

次ページ家の中でだけラクな服、ではダメ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT