韓国の「eスポーツ」は日本より遥か先を行く

テレビでもeスポーツの試合を放送

そんなeスポーツ先進国の韓国でも、まだまだIPホルダーが中心となって大会を開いている現状は変わらないとテジュ氏は言います。

「eスポーツは野球やサッカーのように永遠のものではありません。ゲームには寿命があるのです。IPホルダーがつねに最新にアップデートをして、eスポーツ大会を運営していかなくてはなりませんが、それは長く続くものではありません。理想はIPホルダーがゲームを作り、大会運営会社がeスポーツイベントを運営することですね」(テジュ氏)

日本でeスポーツが普及する可能性は?

eスポーツ先進国である韓国から見て、日本のeスポーツの現状やこれからについてはどうなのでしょうか。

「日本がeスポーツの市場で後れをとった原因は、日本独自のゲーム産業の発展があります。日本のゲームはコンソール(家庭用ゲーム機)が中心で、世界で主流のPCゲーム市場が弱いことが原因です。日本では一時期、PCゲーム=アダルトゲームという印象もあったというのも現在PCゲームの市場の活性化がなされていない原因の1つでもあります」(テジュ氏)

では、日本ではPCベースのeスポーツがまったくはやる要素がないかというと、そうではないようです。日本人の多くはPCを所有しており、インターネット環境もあるので、メガヒットするタイトルが出現すれば一気に普及する可能性があるとテジュさんは言います。

PCでゲームを遊ぶという感覚が日本では薄いので、コンソール中心になってしまうのは、日本のメーカーとしては当然の選択だと言えます。ただ、日本のeスポーツを支えるためには、eスポーツ向けのタイトルをPCで出す必要があるということなのでしょう。通常であればマルチプラットフォームでリリースすることがよい選択となりますが、そうなると結局コンソール版で遊んでしまうので、PC版のみで発売するタイトルが必要なのではないでしょうか。

日本のメディアでもAbemaTVのように、インターネットテレビがeスポーツの番組を制作、配信するようになってきています。数年後にはAbemaTVがOGNのような存在になる可能性は十分にあり、そうなることで日本でのeスポーツが韓国並みに一般化するのではないでしょうか。eスポーツの普及を願うファンや企業は、eスポーツ番組を見たり、投資することで支援していきたいところです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。