eスポーツ上位選手がプロを目指さない理由

スマブラプレーヤー「あばだんご」氏を直撃

『スマブラ』のトッププレーヤーである河村裕太氏(右)に話を聞いた(筆者撮影:写真は闘会議2018)
「高額賞金はモチベーションの1つにはなるが、必須ではない」と語るのは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』(以下、スマブラ)のトッププレーヤーである河村裕太氏(選手名:あばだんご)。eスポーツ大会の話題において、高額賞金が最右翼に上がってしまうことに対して、プレーヤーとしての率直な意見を伺いました。
ちなみに『スマブラ』とは、マリオやゼルダ、カービィなど任天堂のキャラクターがゲームタイトルの枠を超えて大集合しバトルする対戦アクションゲームです。1999年にニンテンドー64版がリリースされたのを皮切りに、ゲームキューブ、Wii、Wii U、ニンテンドー3DSと歴代ハード版が発売され、いずれも大ヒットを記録しています。今年にはNintendo Switch版がリリース予定(時期未定)。

eスポーツ大会に参加する目的は?

――これまで数々のゲームイベントに参加し、時には運営側としても活躍した河村さんにとって、eスポーツ大会に参加する目的は何でしょうか。

河村裕太(以下、河村):「初めは『スマブラ』が好きで大会に参加するだけで楽しかったんですよね。そのうち、強いプレーヤーが誰なのかわかってきたり自分が好成績を残せるようになったりすると、その選手に勝ちたいとか、自分のプレーを見せつけてやりたいとか、そういう気持ちで参加するようになりました。日本での『スマブラ』の大会では賞金は出ないので、賞金が目的と考えたことはなかったですね」

――日本でというと、海外では賞金が出るのでしょうか。

河村:海外では賞金が出る大会もありますね。賞金が獲得できれば収入になるので、目当てになることもありますが、それが主たる目的ではないです。海外の大会への参加は、大会主催者が日本人プレーヤーを参加させたいって話があって、大会参加者や『スマブラ』のファンが寄付を募って、渡航費を用意してくれるんです。それで参加しに行く感じです。必ず渡航費が出るわけではないので、どうしても出たい大会は自費で参加します。

――賞金も寄付なのでしょうか?

河村:賞金は参加費から出ています。日本だと賭博罪にかかってしまうのですが、海外だと参加費から払われることが多いですね。参加費から払われるのって、実は合理的だったりするんですよね。スポンサーを募らなくてもいいですし、人が集まりにくい地方でもとりあえず参加者がいれば出せますし。それでも賞金はやっぱり二の次ですね。海外大会は参加費から日当や利益を出すことができているから賞金を出すということが考えられます。日本のユーザーコミュニティ大会で運営がほぼ赤字のところが多い中で賞金を考えるのは、まだ先の話ですね。

次ページゲーム大会はファンのコミュニティから
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT