東大卒「ときど」選手が語るプロゲーマー人生

eスポーツを舞台に海外でも活躍

ときど選手は格闘系eスポーツでもっとも人気が高い「ストリートファイター」の選手。米国の格闘ゲーム大会「EVO」2017では、参加選手約2600人の中で優勝を果たした(撮影:梅谷秀司)
テレビゲームやPCゲームは家の中でプレーして楽しむものーー。そんな常識が大きく変わりつつある。ゲーム対戦が純粋なスポーツ競技と見なされるようになったからだ。「eスポーツ(electronic sports)」として、自身が大会に参加したり、練習を積んだ選手たちの対戦を観戦して楽しむ若者が増えている。
すでに米国や欧州、中国、韓国などではeスポーツ人気が沸騰。1万人以上の来場者を集め、動画配信サイトを通じて数百万人が視聴するほどの大会もある。その人気ぶりから、大金を投じて広告を出す大手企業が増え、産業としての成長ぶりは著しい。
こうしたeスポーツの舞台で活躍している日本人選手もいる。東京大学卒の「ときど」選手(ハンドルネーム:本名は谷口一さん・32歳)もその1人だ。格闘ゲーム『ストリートファイター』の競技選手で、世界最大の格闘ゲーム大会「EVO」で昨年優勝するなど、実力は世界でトップクラス。そのときど選手に、職業としてのプロゲーマーについて聞いた。

毎朝、練習前のジムで集中モードに

――プロゲーマーの普段の1日を教えてください。毎日、最低でも8時間は練習すると聞きましたが……。

それぐらいの時間をゲームに毎日割いていますが、実際にプレーする正味時間は半分ぐらい。休憩もするし、今はむしろ最新の情報を整理したり、議論し合ったりする時間を大事にしているんです。もちろん、実践練習は大事ですが、それは誰もがやること。自分はそればっかりじゃなくて、ほかの部分も磨こうと心掛けています。

毎朝、練習前に必ずスポーツジムで体を動かします。筋トレをしたり走ったり、体幹を鍛えたりと日によって内容は違いますが、交感神経をバーンって上げてから、呼吸を整えたりして副交感神経を優位にすると、集中モードに入りやすくなるらしいんです。実際に試してみたら、気持ちが集中できて、大会中のパフォーマンスも上がった。練習の質を上げるためにも毎朝のジム通いは欠かせません。

――ときど選手は米国のプロeスポーツチーム「Echo Fox」に所属していますが、そこからの給料だけでも生活は成り立ちますか。

詳細な契約内容は言えませんが、食べていけるだけの額はもらっています。あとはやはり大会の賞金。僕の場合、出場する大会は年間で15ぐらい。海外では500万円とか、それ以上の優勝賞金が出る大会が複数あります。その賞金を全額もらえるか、チームと分配するかはめいめいの契約内容によって違うと思いますが……。 

――ときど選手のように、ゲームだけで生計を立てている選手は日本にどれくらいいるのでしょうか。

『ストリートファイター』でいったら、10人いるかいないか。以前よりは増えましたが、たぶんまだそれくらいだと思います。

次ページ麻布高・東大からプロゲーマーへ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。