ゲームの決戦「eスポーツ」、若者が熱狂のワケ

本場韓国の専用施設で大会を観戦してみた

PCゲーム大手ネクソンが韓国・ソウルに設けたeスポーツ専用施設。迫力の大画面で対戦を見ながら、観客は盛り上がる(記者撮影)

Jリーグ、サイバーエージェント、吉本興業――。日本でもここ最近、さまざまな企業や団体が参入を発表しているのが、「eスポーツ」だ。ゲーム対戦をスポーツ競技として行う際に使われる名称のことで、野球やサッカーといった他のスポーツと同じように、トップ選手のプレイを観戦して楽しむ文化が広がってきている。

海外ではすでに人気競技として定着しつつある。eスポーツ調査会社newzooによると、2017年における世界のeスポーツファンの数は約1億6500万人に上るという。大会規模も年々大型化しており、優勝賞金1億円を超える大会も出てきている。

韓国のeスポーツ施設は満員御礼

そのeスポーツで”強豪国”として注目を集めているのが、韓国だ。月間ユーザー数1億人ともいわれるeスポーツ最有力タイトルの1つで、米ライオットゲームズが手掛ける対戦ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会では、韓国勢が5連覇中だ。公開情報を基にeスポーツ大会の賞金をまとめたサイト「e-Sports Earnings」によると、出身国別の賞金獲得ランキングでは中国や米国に次ぐ3位につけている。

現地はどれほど盛り上がっているのか。PCゲーム大手のネクソンが韓国・ソウルで運営する、同国最大級のeスポーツ専用施設「ネクソンアリーナ」を訪れた。

ネクソンアリーナはゲーム競技の観戦が主目的。施設内やネット上の観客、テレビの視聴者が皆楽しめるよう、最新鋭の放送設備を備える(記者撮影)

ネクソンアリーナがあるのは、ソウル市内でも有数の繁華街である江南(カンナム)。大通りから1本奥の通りにあるビルの1階に入口があり、地下へ降りると試合会場が見えてくる。会場の正面には、横幅19メートル、縦6メートルのスクリーンが3つ。ここに選手のプレイするゲーム画面が表示され、それを囲む形で観戦者席が配置されていた。

2フロアで計437席ある観戦席は全席有料で、チケット価格は1000~4000ウォン(100~400円)ほど。以前は立ち見も可能だったが、「ある大会で1000人以上の観客が押し寄せて大混雑になったため廃止した」(ネクソンのキム・セファン・eスポーツチームマネージャー)。また、施設内には放送設備も完備されており、試合内容はネット上のほか、eスポーツ専門放送チャンネル「SPOTVゲームズ」でテレビ放送もされる。

次ページなぜ韓国で盛り上がったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT