データですべてわかると盲信する「バカの壁」

養老孟司×新井紀子「バカの壁」対談<中>

養老:利口な患者さんはね、薬を飲まないんです。大変な病気をしたおばあちゃんのベッドを掃除したら、それまで出してた薬が全部出てきたって話がありますよ。ぼくも薬は飲みません。「血圧は?」って聞かれるから、「ありません」って答えます。「測ったことありません」の省略です。

電気を消すオウム

新井:先ほど、アメリカでAIを犯罪捜査や裁判で使っているという話をしましたけど、アメリカって、どうしてそうなっちゃうんでしょうか。

養老:それぞれの社会は履歴を持っていますね。歴史です。その中で、暗黙の裡にほどほどに落としどころを見つけるのが伝統的な社会だと思います。アメリカはその点ちょっと若い社会で、やることが乱暴ですね。それを伝統的な社会の日本が手本にしているという変なことになっていますね。

新井:日本は、どうしてそれを手本にするんでしょうか。

養老:1つは敗戦でしょうね。それから、もう1つは、アメリカ流のいいところもあって、新しいものがどんどん出てくる。AIもそうですよね。

『歳を取るのも悪くない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

新井:この間、とっても面白いビデオを見ました。アレクサっていうAIスピーカーがあるんですけど、「電気つけて」とか、「新井さんに明日の待ち合わせ8時に変更してくださいってメールしといて」とか話しかけるとやってくれるっていう。そしたら、オウムを飼ってる家があって、そのビデオですけど、オウムがまねして「アレクサ、電気消して」って言うんですよ。電気が消えるんです。笑えるでしょう。そのうち、オウムの命令で勝手にメールが送られたりするんですよ、きっと。

あんないい加減なものを、製造者責任も考えずに社会に出しちゃうっていうところが、アメリカの底抜けなところだなとは思います。それが、新しいことをどんどんやるスピリットなんでしょうね。自由競争を大切にしたいから、格差があっても仕方ない。自己責任だから、保険がなくて道端で死ぬ人がいてもいいって。

日本は「お互いさま」の国だったりもしますよね。キリスト教の国のように教会の活動に組み込まれたチャリティとかボランティアはありませんけど、袖すり合うも他生の縁とか、情けは人の為ならずとか、そんな「お互いさま精神」のようなことでなんとなくやってきたところがあると思うんです。

でも、なんとなくやってきたことは、壊れ始めたらすぐになくなっちゃったという気もしています。私の受けている印象では、今はまさにそういう感じです。お互いさまとか、ご近所付き合いとか、地域で子どもを育てるというのが、この30年くらいで失われました。30年といえば一世代です。生活のスタイルとか人間同士の関係性が一世代で変わってしまうというのは、恐ろしいことだと思うんです。人は生き物だから、そんなことに耐えられるとは思えないなって。

次ページテキストだけのやり取りで耐えられるのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT