人間の直感は得てしてみんな「裏切り者」だ

良きデータサイエンスは驚くほど直感的

ビッグデータとは何なのかを解説すると同時にデータ分析の罠も紹介します(写真:chombosan / PIXTA)
グーグルやポルノサイトの膨大な検索データを分析し、隠された人種差別、性の悩みや嗜好など、さまざまな社会の実相を暴き出した、グーグルの元データサイエンティストである著者の邦訳『誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性』(訳:酒井泰介)を基に、ビッグデータとは何かを著者と祖母の事例を例に取り解説します。

ビッグデータおばあちゃん

ここ数年間の感謝祭をデート抜きで過ごしてきた33歳にとっては、伴侶選びは重要な話題だろう。そしてこの話題をめぐっては、誰もが一家言あるものだ。

「セスには本人並みにクレイジーな女の子が必要だわ」と私の姉は言う。

「そんなバカな! 必要なのはまともな娘だ。バランスをとらなくちゃ」と弟が反論する。

「セスはクレイジーじゃないわ」と母。

「そんなクレイジーな。もちろんセスはクレイジーだ」と父。

それまで黙って聞き役に回っていた物静かで穏やかな祖母が口を開いた。口さがないニューヨーク人どもがしんとなり、この黄色い短髪でいまだに東欧訛りの抜けない小柄な老婆に視線を注ぐ。「セス。あなたには良い娘が必要よ。あまりきれいすぎない娘ね。頭と人当たりがとても良い娘。社交的なら、あなたの邪魔にならないからね。ユーモアのセンスも大事よ。だってあなたにはユーモアがあるから」

どうしてこの老婆の助言は、家族から一目置かれるのか? 何しろ88歳とあって、誰よりも人生経験が豊かだ。うまくいった結婚生活も、いかなかった結婚生活も、山ほど見てきた。そんな歳月のうちに、良い相性を類型化してきた。感謝祭の食卓で最大のデータポイントにアクセスできたのは祖母だった。

祖母はビッグデータなのだ。

本書『誰もが嘘をついている』ではデータサイエンスにまつわる誤解を解く。好むと好まざるとにかかわらず、データは私たちの暮らしにますます重要な役割を果たしており、その傾向は募るばかりだ。新聞にも市況欄がある。企業にも社有データを分析する専門部門がある。投資家もデータを集められる新興企業には巨額の投資を惜しまない。回帰分析や信頼区間の計算を学んだことがなくても、活字、仕事の会議、廊下の雑談などで、データとさんざん向き合うだろう。

こんな趨勢に不安を覚える人も多い。データに怖気づき、まごつき、物事を定量的に理解するのは左脳が発達した少数の英才の特権で、自分など柄ではないと考える。数値を見るや否やページをめくり、会議を切り上げ、話題を変えようとする。

次ページ良いデータサイエンスは直感的なもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。