最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「未来の年表2」が2週連続で1位を獲得!

今週は『未来の年表2』が2週連続で1位を獲得しました(画像:さわだゆたか / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月27~6月2日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『未来の年表2』が2週連続1位を獲得

1位は2週連続で、ベストセラー『未来の年表』の続編である『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』(河合雅司著、講談社)だった。人口減少の影響を「縦軸」で切った前作に対し、今作は「横軸」で「少子高齢化というモンスター」を描いた点に特徴があるという。

今週初登場の『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)は、一気に7位まで急上昇した。2浪、偏差値35から東大合格を果たした筆者の読書術を紹介した本書は、6月1日の東洋経済オンライン記事(偏差値35から東大へ!僕を救った「読む技術」)の影響もあり好調だった。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。