最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

あのベストセラーの続編が1位に

45万部を売り上げた「あのベストセラー」の続編が1位に躍り出ました(画像:zak / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月20~26日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

1位には「あのベストセラー」の続編がランクイン

1位はベストセラー『未来の年表』の続編である『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』(河合雅司著、講談社)だった。人口減少の影響を「縦軸」で切った前作に対し、今作は「横軸」で「少子高齢化というモンスター」を描いた点に特徴があるという。

先週はランク外だった『一流家電メーカー「特殊対応」社員の告白』(笹島健治著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、一気に7位まで急上昇した。ある家電メーカーにおける「厄介な顧客」相手の悪戦苦闘の対応を描いた本書は、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に著者が登場して話題となった模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。