最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

あのベストセラーの続編が1位に

45万部を売り上げた「あのベストセラー」の続編が1位に躍り出ました(画像:zak / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月20~26日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

1位には「あのベストセラー」の続編がランクイン

1位はベストセラー『未来の年表』の続編である『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』(河合雅司著、講談社)だった。人口減少の影響を「縦軸」で切った前作に対し、今作は「横軸」で「少子高齢化というモンスター」を描いた点に特徴があるという。

先週はランク外だった『一流家電メーカー「特殊対応」社員の告白』(笹島健治著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、一気に7位まで急上昇した。ある家電メーカーにおける「厄介な顧客」相手の悪戦苦闘の対応を描いた本書は、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に著者が登場して話題となった模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。