最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「10年後の仕事図鑑」が好調を持続

『10年後の仕事図鑑』が1位に返り咲きました(画像:zak / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月13~19日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

堀江貴文氏の関連書籍が1位と2位に

1位は、イラスト入りで50近くの職業の未来を分析している『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一著、SBクリエイティブ)。7日間にわたって売上数の増減も少なく、安定した人気を維持している。

2位には、堀江貴文氏が推薦している『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』(三戸政和著、講談社)がランクインした。東洋経済オンラインの記事(300万円あったら小さな会社を買ってみよう)が影響した模様だ。

3位は『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)。本書の刊行は2017年4月だが、1年以上にわたり人気が持続している。

次ページ以降、193位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。